京都市左京区で認知症の母親を殺害する事件 息子の鷺坂利重容疑者を傷害致死で逮捕 馬乗りになって暴行加えた疑い

京都市左京区で認知症の母親を殺害する事件 息子の鷺坂利重容疑者を傷害致死で逮捕 馬乗りになって暴行加えた疑い

京都府京都市左京区一乗寺払殿町のマンションの一室で5月3日午前8時頃、息子の鷺坂利重(さぎさかとししげ)容疑者が90歳の母親・鷺坂よしさんに馬乗りになり暴行を加え死なせた疑いで逮捕される傷害致死事件がありました。死亡した母親は10年前に認知症と診断され、逮捕された息子が介護を続けていたということです。

鷺坂利重容疑者は犯行動機について「杖で顔を叩かれたため制止しようとした」と話す一方で、死亡した母親は腰椎や骨盤などを骨折し4日未明に出血性ショックで死亡させた疑いがもたれている。

事件現場のマンションの場所は一乗寺駅から西に約170メートル離れた6階建ての「グラン・コート一乗寺」とみられています。

以下、京都市左京区一乗寺払殿町のマンションで息子が認知症の母親に暴行を加え殺害した事件に関する詳細情報です。

京都市左京区一乗寺払殿町の自宅マンションで認知症の母親に暴行加え殺害した疑い、息子の鷺坂利重容疑者を逮捕

63歳の息子が同居する90歳の母親を殴って殺害した疑いがもたれているこの事件は、5月3日午前8時頃、京都府京都市左京区一乗寺払殿町15の自宅マンションで起きた事件で、無職・鷺坂利重(さぎさかとししげ)容疑者が同居する90歳の認知症の母親・鷺坂よしさんを押し倒して馬乗りになり、暴行を加えた傷害致死容疑で逮捕されました。

死亡した母親は認知症を患っており、鷺坂利重容疑者が母親の介護をしていたということで「杖で顔を叩かれた」「制止しても暴れたので顔や尻を叩いた」と話しており、母親を平手で叩くなどして腰椎や骨盤などを骨折させ、翌日の4日未明に出血性ショックで死亡させた疑いがもたれている。

鷺坂利重容疑者が自ら4日午前6時半頃に消防に通報したことで事件が発覚。「母親が呼吸していない」という通報で駆け付けた救急隊員が布団の中で死亡している母親を発見したという。

母親の鷺坂よしさんは約10年前にアルツハイマー型認知症と診断され、鷺坂容疑者が身の回りの世話をするなど介護をしており、事件が起きた自宅マンションで2人暮らししていました。

事件現場は京都市左京区一乗寺払殿町(いちじょうじはらいとのちょう)15にある6階建てのマンション「グラン・コート一乗寺」の一室とみられており、最寄り駅の一乗寺駅までは約170メートルの距離にある場所です。

認知症の母親に息子が暴行を加え殺害した事件が起きた現場マンション「グラン・コート一乗寺」:京都府京都市左京区一乗寺払殿町15
(事件現場のマンション「グラン・コート一乗寺」:京都府京都市左京区一乗寺払殿町15)

京都市左京区で63歳の息子が90歳の認知症の母親を殺害する事件発生…Twitterの声

[ad-4]
京都市左京区で認知症の母親を殺害する事件 息子の鷺坂利重容疑者を傷害致死で逮捕 馬乗りになって暴行加えた疑い