埼玉県川口市の交差点で中学3年の女子中学生が自殺図り意識不明の重体 歩道橋から飛び降り自殺?

埼玉県川口市の交差点で中学3年の女子中学生が自殺図り意識不明の重体 歩道橋から飛び降り自殺?

埼玉県川口市の交差点に架かる歩道橋で5月5日早朝、市内の中学校に通う中学3年生の女子中学生が飛び降り自殺を図ったとみられ、道路に仰向けに倒れ耳と口から血を流して倒れているのが見つかり病院へ搬送されました。

女子中学生は意識不明の重体でしたが搬送先の病院で死亡が確認されました。歩道橋の上に荷物や自転車が置かれていたことから、自殺を図った可能性が高いとみられています。

これまでに遺書は見つかっていませんが、カバンの中から人間関係の悩みが書かれたノートが発見されており、警察が学校でのイジメや家庭でのトラブルがなかったなど、歩道橋から飛び降りた理由についても捜査を進めています。

以下、埼玉県川口市の交差点で3年の女子中学生が自殺を図り死亡した事故の詳細です。
(5月5日午後11時頃追記)

埼玉県川口市内の交差点で中学3年の女子中学生が血を流し倒れているのを発見、意識不明の重体で救急搬送

女子中学生が歩道橋から飛び降りて自殺を図ったとみられるこの事故は5月5日午前8時20分頃、埼玉県川口道合の信号交差点で中学のジャージ姿の女子中学生が耳と口から血を流して倒れているのが見つかったもので、意識不明の重体で病院へ救急搬送され治療を受けていますが、依然として意識不明の状態です。

その後、意識不明だった女子中学生は搬送先の病院で死亡が確認されました。

倒れていたのは川口市内の中学校に通う14歳の女子中学生で中学3年の生徒とみられており、現場の真上には交差点に架かる歩道橋があり女子生徒のものとみられる鞄と自転車が置かれていた。

現場に争った形跡がないことなどから事件の可能性は低いとみられており、道路に仰向けに倒れていた女子中学生が歩道橋から飛び降りて自殺を図った可能性が高いとみられている。

これまでに遺書は見つかっていないものの、カバンの中から二元関係の悩みなどが書かれたノートが発見されており、学校や家庭でトラブルが無かったかなど女子中学生が飛び降りた理由について警察が捜査を進めていますが、自殺した女子中学生が通っていた学校によると「イジメはなかった」と話しているということです。

女子中学生が自殺を図った交差点の場所は埼玉県川口市道合の国道298号線と県道1号線が交わる道合西交差点で、東京外環自動車道が上を通っている交通量の多い場所です。

女子中学生が飛び降りた道合西交差点の歩道橋:埼玉県川口市道合
(女子中学生が飛び降りた道合西交差点の歩道橋:埼玉県川口市道合)

埼玉県川口市の交差点で中学3年の女子中学生が自殺図り意識不明の重体…Twitterの声

[ad-4]
埼玉県川口市の交差点で中学3年の女子中学生が自殺図り意識不明の重体 歩道橋から飛び降り自殺?

4 件のコメント

  • 今年3月初旬も、川口北中グラウンドで中3男子達の集団暴行事件が発生しました。

    この6月4日にやっと、学校グラウンドの事件現場で武南警察と実況見分が行われるこれる設定が、外部やマスコミを非常に警戒してか、急に時間を早朝6時か7月初旬に変更の要求が事実判明。

    これ以上、この学校でいじめで苦しんでいる生徒は事実いますので、大事な生命を守ることと、もう二次被害者を出さない為にも戦って全面協力したいと思います。

    死んでしまってからは全てが遅いのです。これから楽しいことも有るのに、酷なことです。住民票を変えて、学校も1日で転校できるのに。決して虐めは謝罪だけでは、許してはいけません。

    14歳からは少年法で大人と同じく立派な刑事犯罪となり、責任が有りあります。行った罪と被害者の損傷を償わないといけません。

    この事件で関わった主犯格の少年Aと少年B,C,Dも実況見分が行われる。体育授業のサッカー試合を悪用した卑劣な暴行となり、体育教師は審判しない放任的な試合をさせ、いくらでも暴行が出来る環境であり、何も見てもおらずとなる。

    被害者少年は全治安静2か月の肋骨骨折、腰背部打撲、酷い大腿擦過傷となり、大事なジュニアユースの公式戦の最中、サッカー選手として身体の損傷と大きな心の傷を負い、回復復帰までの日々と戦い大きなチャンスを失ってしまった。選任弁護士の元、裁判で戦う決死をもって、一同の会も作られました。

    学校教頭は診断書にびっくりし、診断した地元のクリニックに行き、医師も診断書を書換えさせてくれと、怪しくなり、即座に東京女子医大病院の外傷課の協力の元、更に都内の専門検査機関で精密検査の上、明らかに暴行事件での外傷と証明できました。

    怪我が治ってもMRIというのは、出血の流量や怪我の具合が分かるのです。
    教頭は着任1年で移動させられただけで、その被害者の少年は事件後安静加療となり、未だに2年時の通信簿も荷物も学校に残ったままで、渡してくれません。
    4月からは都内の学校に転入し、精神的に明るさと元気を取り戻しました。
    生きていることが何よりです。
    どうか、悩んでいる方は死なないで下さい。
    いじめで決して我慢しないでください。

  • 横浜の保土ヶ谷中学校でいじめられてクラスの同級生にいじめられてクラス全員から無視されて担任の教師から暴言をはかれて自分はいじめられて自殺すんぜんまで追いつめられていました
    いじめをする生徒はストレスを発散するためにやるおとなしい生徒や黙っている生徒をいじめをして遊ぶバカがいました
    昔横浜の坂本小学校と横浜の保土ヶ谷中学校はいじめはやりたい放題で横浜の教育委員会は知らん顔していました

  • 僕も中学生で安行東中ですが違う学校だと思うけど名前など無理しなくていいので出来たら教えで下さい
    僕も心配で歩道橋の近くに住んでいます
    さすがに何もいじめもないのに自殺はさすがにしないと思います

  • もしかすると、その方は私の先輩かもしれません。
    なにがあって、どうしてこんな状況になったのかも全然分かっていません。自殺を決意したのも良くないし、自殺したくなるような状況にさせた周りの人も良くないと思います。
    ひとつ、確実に言えることがあります。
    川口市は悪い所じゃないです。交通ルールを破る人はいないし、駅の階段は上りと下りの方向をちゃんと守るし、都会に比べたらいい所です。
    このような事件が起きたことと、川口市を悪く言うのは違うと思います。全然関係ないと思います。
    川口市は治安悪いわけじゃないし、川口市は大丈夫です。
    川口市を侮辱しないで下さい。これは私達が川口市民を皆で守ることが出来なかったから起きた事件です。
    川口市は私達の大好きなところです。
    川口市は私達の故郷です。それだけはわかってほしいです。