東京メトロ銀座線 渋谷駅トンネル付近で停電=運転見合わせは復旧するも遅延発生中、原因は電気系統のトラブルか?

東京メトロ銀座線 渋谷駅トンネル付近で停電=運転見合わせは復旧するも遅延発生中

10月4日午後3時頃、東京メトロ銀座線の渋谷駅トンネル付近で発生した停電の影響で、一時、銀座線と丸ノ内線全線の運転が止まる事態に発展。その後、溜池山王~浅草駅間で折り返し運転をしていたが、午後4時56分頃、全線で運転を再開しました。当面の間、ダイヤに乱れ(遅延)が生じる見込みとのことです。この渋谷駅トンネル付近での停電で、約6万6千人に影響が出たと発表されています。

東京メトロ広報部の発表では、午後3時頃に渋谷駅と表参道駅間のトンネルでショートが原因の停電が発生し、停電の約30分後から、溜池山王~浅草駅間で折り返し運転をしていました。

Twitterには停電し暗くなった車内を撮影した写真がいくつか投稿されており、空調が効かなくなり「冷房消えて暑い…」といった投稿もみられました。

停電で暗くなった列車内・空調も効かず「暑い」との声…現場の様子

東京メトロ・銀座線で停電発生…Twitterの反応

ツイッターでは午後3時頃から「銀座線」関連のツイートが増え、運転見合わせ・遅延を嘆く声が多く聞かれました。

停電の理由は渋谷駅トンネル付近でのショートが原因による電気系統のトラブル。約2時間に渡って折り返し運転を行っていましたが、午後5時前に全線で運転再開となりました。

東京メトロ銀座線 渋谷駅トンネル付近で停電=運転見合わせは復旧するも遅延発生中

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)