名古屋大学学生寮「国際嚶鳴館」で爆発、火事・火災発生 留年に悩んだ男子大学生が自殺図り死亡か

名古屋大学学生寮「国際嚶鳴館」で爆発、火事・火災発生 留年に悩んだ男子大学生が自殺図り死亡か

名古屋市昭和区高峯町の名古屋大学学生寮「国際嚶鳴館」(こくさいおうめいかん)で5月4日早朝、爆発を伴う火事・火災が発生し、3階に住んでいた名古屋大学工学部1年生の20歳の男子大学生の死亡が確認されました。大学生は留年したことを悩んでおり、現場の状況などから自殺を図って死亡した可能性が高いとみられています。

この火事で9階建ての 国際嚶鳴館 3階の一室約15平方メートルが焼けましたが、隣の部屋への延焼などはなく自殺を図ったとみられる男子大学生が全身やけどで死亡したほか、留年を心配して広島から訪ねてきていた47歳の父親が顔や手に軽いヤケドを負って病院に搬送されている。

警察が焼け跡から見つかった身元の確認を調べているほか、爆発が起き火事・火災が発生した原因についても調べを進めています。

以下、5月4日に名古屋大学学生寮「国際嚶鳴館」で起きた爆発・火事・火災の詳細です。

愛知県名古屋市昭和区の名古屋大学の学生寮「国際嚶鳴館」で火事・火災発生、爆発と共に男子大学生1人が死亡

名古屋大学の学生寮で男子大学生が自殺を図ったとみられるこの事件は5月4日午前8時15分頃、名古屋市昭和区高峯町の名古屋大学学生寮「国際嚶鳴館」(こくさいおうめいかん)3階の部屋の中で爆発が起き火事・火災が発生したものです。

この爆発(火事)で3階一室の約15平方メートルが全焼し焼け跡から男性1人の遺体が見つかり、部屋に住んでいた名古屋大学工学部1年生の20歳の男子大学生の死亡が確認されました。また、爆発直後に部屋を訪れた大学生の父親(47歳)が顔や手にケガを負い、病院に搬送されています。

これまでの調べで死亡した男子大学生は今年3月に留年しており、父親は「息子が留年したので話し合うために1階ロビーで待っていたところ爆発音がして部屋に駆け付けた」と話しており、部屋を訪れた直後に炎が吹き出してケガをしたと話している。

爆発が起きた当時の状況などから、名古屋大学を留年したことに悩んだ工学部1年生の男子大学生を自殺を図って死亡したとみられており、殺人など事件の可能性は低いとのことです。

国際嚶鳴館は名古屋市昭和区にある名古屋大学の学生寮で鉄筋コンクリート造り9階建ての建物。「爆発音がして火が出ている」と消防に通報が相次ぎ、消防車20台が出動して消火活動に当たった結果、約1時間後に消し止められています。当時、学生289人のうち100人が避難しました。

男子大学生が自殺を図り爆発が起きた国際嚶鳴館:知県名古屋市昭和区高峯町
(男子大学生が自殺を図り爆発が起きた国際嚶鳴館:知県名古屋市昭和区高峯町)

ツイッターには通報で駆け付けた消防車や救急車、部屋の中から立ち上る黒煙を撮影した写真が投稿されている。

名古屋大学学生寮「国際嚶鳴館」で爆発・火事・火災発生、部屋に住む大学生が自殺図り死亡…Twitterの声

名古屋大学学生寮「国際嚶鳴館」で爆発、火事・火災発生 留年に悩んだ男子大学生が自殺図り死亡か

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。