大分中村病院に車が突っ込む暴走事故 高齢者が運転する軽自動車が1階ロビーに突っ込み負傷者多数 大分市大手町3丁目

大分中村病院に車が突っ込む暴走事故 高齢者が運転する軽自動車が1階ロビーに突っ込み負傷者多数 大分市大手町3丁目

大分県大分市大手町3の 大分中村病院 に70代の女性が運転するオレンジ色の軽自動車が突っ込む暴走事故が5月2日午前に発生し、これまでに13人(うち重傷者2人)の負傷者が事故現場の同病院で治療を受けています。車が突っ込んだ大分中村病院の待合室にいた数十人が負傷しており、警察が事故原因を調べています。

突っ込んだ軽自動車は病院の玄関のガラスを突き破って1階ロビーの待合室にいた数十人をはねた上、玄関から約10メートル離れた待合室で停車。かなりのスピードで突っ込んだとみられており、アクセルを踏み込んで病院の外からロビーに突っ込んだ可能性が高い。

警察が車を運転していた70代の女性運転手から当時の状況について事情を聴く方針だという。

以下、大分市大手町の大分中村病院で起きた多数の負傷者が出ている暴走事故の詳細です。

大分市大手町3丁目の総合病院「大分中村病院」に軽自動車が突っ込む暴走事故発生、1階ロビーに突っ込み数十人負傷

病院のロビーに高齢者が運転する軽自動車が突っ込んだというこの暴走事故は、5月2日午前10時45分頃、大分県大分市大手町3丁目2の大分中村病院に70代の女性が運転するオレンジ色の軽自動車が1階玄関からロビーに向けて突っ込んだ事故で、当時ロビーに居たの数十人の負傷者が確認されています。

これまでに13人がケガを負い、このうち2人が重傷とみられていますが、他にも20~30人前後の負傷者がおり事故現場となった大分中村病院で治療を受けている状況だという。

軽自動車が突っ込んだ大分中村病院:大分市大手町3丁目2
(軽自動車が突っ込んだ大分中村病院:大分市大手町3丁目2)

この暴走事故は病院からの「車がロビーに突っ込んでケガ人が多数いる」と警察に通報があり事故が発覚。軽自動車を運転していた運転手は県内に住む70代の女性ということで、知人の男性が同乗していた模様。

事故当時、病院のロビーに居た事故の目撃者によると「最初は爆発したかと思った」「倒れている人や額から出血している人が結構いた」などと話しており、かなりのスピードで玄関を突き破り数十メートル先の待合室で停車した後もエンジンをふかす音がしていたということです。

この暴走事故に関して、警察が事故原因について調べを進めており、車を運転していた70代の女性から当時の状況について話しを聴く方針で、事件の可能性は低いという。

事故現場の大分中村病院は市中心部の大分県庁の東隣に建つ総合病院。昭和41年に開設し救急患者も受け入れるなど、整形外科や内科など、およそ20の診療科があります。

大分中村病院に突っ込んだ軽自動車:事故直後の様子
(大分中村病院に突っ込んだ軽自動車:事故直後の様子)

ツイッターには事故現場の病院に駆け付けたパトカーを撮影した事故現場の写真が投稿されていて、数台のパトカーが停車している様子が伺えます。

大分中村病院に車が突っ込む暴走事故発生、70代女性が運転する軽自動車が玄関を突き破りロビーに突っ込む…Twitterの声

大分中村病院に車が突っ込む暴走事故 高齢者が運転する軽自動車が1階ロビーに突っ込み負傷者多数 大分市大手町3丁目