名古屋市営地下鉄 東海通駅で人身事故?男性の上を電車が通過 線路に伏せた男性が姿を消して行方不明の事件発生

名古屋市営地下鉄 東海通駅で人身事故 男性の上を電車が通過 線路に伏せた男性が姿を消して行方不明の事件発生

名古屋市営地下鉄名港線 東海通駅 で5月1日早朝に人身事故とみられる出来事があり、線路に横たわった上下黒スーツの男性の上を電車が通過し、目を離した隙に男性の姿が消えるという事件に発展しました。駅員が電車の下にいる男性を確認後、その場を離れて戻ってくる間に逃走した可能性が高いとみられています。

現場の東海通駅の線路周辺で血痕は見つかっておらず、男性が自殺を図ろうと線路に立ち入ったものの、電車に轢かれることはなく駅員がいなくなったのを見計らってトンネル内を通って逃げた可能性が高いという。消防が男性の行方を捜索しましたが、発見には至っていません。

電車に轢かれたと思った男性が忽然と姿を消したこの事件はツイッターなどSNS上でも話題に上がっており「GANTZだ…」「ガンツかな」「地下鉄でガンツが起きた」といった声が寄せられています。

防犯カメラ映像の分析などの捜査で、港区在住の日名田隆治容疑者(64)が威力業務妨害の疑いで逮捕され、自殺するために線路に立ち入ったと供述しています。

以下、5月1日早朝に名古屋市営地下鉄・東海通駅で起きた人身事故(行方不明事件)の詳細です。
(5月1日午後11時頃に追記)

線路に伏せた男性が姿消す…名古屋市営地下鉄・東海通駅の人身事故

線路上に横たわった男性の上を電車が通過し、駅員が目を離した隙に姿が消えたこの事件は、5月1日午前5時35分頃、愛知県名古屋市港区の名古屋市営地下鉄名港線・東海通駅で、駅のホームに入ってきた6両編成の金山行き電車の運転士(男性・37歳)が線路に立ち入った男性を発見。

男性は50代くらいの黒色のスーツ姿で白髪交じりで線路の上に伏せる様子が確認されたため、運転士が急ブレーキを掛けたが間に合わず、男性の頭上を通過して約5メートル先で停車。

駅係員が車両の下にいた男性を発見し、声を掛けるも反応がなかったため、人身事故と判断し駅長室に助けを呼びに行って戻った時には男性の姿が消えて居なくなっていたという。男性が居た場所の周囲に血痕は付いておらず、男性が現場から逃げた可能性が高いという。

その後、地下鉄のトンネル内に侵入・逃走した可能性を視野に消防隊員らがトンネルの中を捜索しましたが、男性の姿は見つかりませんでした。

この人身事故の影響で名港線の金山駅から名古屋港駅の上下線が約1時50分にわたり運転見合わせとなり、約5000人に影響が出ました。

警察は男性が線路に飛び込み自殺を図った可能性があるとみて行方を捜しており、威力業務妨害容疑も視野に捜査を進めていますが、これまでに姿が消えた男性は見つかっていません。

名古屋市営地下鉄・東海通駅で男性の上を電車が通過し姿が消える事件発生…Twitterの声

名古屋市営地下鉄 東海通駅で人身事故 男性の上を電車が通過 線路に伏せた男性が姿を消して行方不明の事件発生

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。