墨田区文花の住宅に女性遺体 殺人など事件と病死の両面で捜査の方針 帰宅した小学生の長男が発見

墨田区文花の住宅に女性遺体 殺人など事件と病死の両面で捜査の方針 帰宅した小学生の長男が発見

東京都墨田区文花の住宅で4月27日午後5時半頃、この家の2階台所で33歳主婦の女性が倒れているのを帰宅した8歳の長男が見つける出来事がありました。女性は搬送先の病院で死亡が確認され、警察が殺人などの事件と病死の両面で捜査を進める方針を固めています。

亡くなった33歳の女性が誰も居ない家の中で死亡していたのは事件に巻き込まれたのか、病死などで突然死したのかはこれまでに明らかになっておらず、遺体の司法解剖を行い死因を特定するなど捜査が進んでいる模様。

以下、墨田区文花の住宅2階で33歳女性の遺体が見つかった事件の詳細です。

墨田区文花の住宅で33歳主婦の遺体が見つかる事件、事件と病死の両面で捜査

住宅2階の台所で33歳の主婦の女性が倒れているのを帰宅した8歳の長男が見つけたこの出来事は、4月27日午後5時半頃、東京都墨田区文花の住宅2階の台所でこの家に住む33歳の女性が死亡していた事件。

小学校から帰宅した8歳の息子・長男が発見し消防通報したことで発覚。事件現場の住宅に駆け付けた救急隊員が女性を病院へ搬送しましたが、病院で死亡が確認されたということです。

死亡した女性は43歳の会社員の夫と8歳の長男、4歳の次男と4人で暮らしており、警察の調べによると女性が亡くなった当時は夫と子供は外出しており、家の中に1人で居たとみられている。

女性の遺体に目立った外傷はなく、家の中にも荒らされた形跡がなかったことなどから、遺体の司法解剖を行い死因の特定を進めると共に、殺人などの事件と病死の両面で捜査を進める方針だという。

また、長男が帰宅した時に玄関の鍵は掛かっており、長男が鍵を開けて入ってきたということが分かっています。

33歳の女性が倒れていた一軒家住宅:東京都墨田区文花
(33歳の女性が倒れていた一軒家住宅:東京都墨田区文花)
墨田区文花の住宅に女性遺体 殺人など事件と病死の両面で捜査の方針 帰宅した小学生の長男が発見