小田急線柿生駅で人身事故 高齢者2人が手を繋ぎホームから線路に飛び込み自殺 高齢者の友人同士?

小田急線柿生駅で人身事故 高齢者2人が手を繋ぎホームから線路に飛び込み自殺 高齢者の友人同士?

川崎市麻生区の小田急線 柿生駅(かきおえき)で4月24日午後、柿生駅のホームから姉妹とみられる高齢女性2人が手を繋いで線路に飛び込む人身事故があり、その後の調べで2人は一緒に自殺を図った可能性が高いことが分かりました。警察が死亡した2人の身元確認や線路に飛び込んだ経緯などを調べています。遺書は見つかっていないという。

警察のこれまでの調べで、小田急線柿生駅に設置された防犯カメラ映像には70代と90代の高齢女性(うち1人が杖を付き、後に姉妹と判明)が手を繋いで線路に飛び込む様子が映っており、目撃者も同じ旨の証言をしていることから、2人が一緒に自殺を図った可能性が高いとみられています。

以下、4月24日に小田急線柿生駅で起きた人身事故(自殺)の詳細です。
(午後9時頃に追記)

神奈川県川崎市麻生区の小田急線・柿生駅で高齢者2人が手を繋ぎ線路に飛び込み自殺、2人は姉妹と判明

高齢者の姉妹2人が手を繋いで柿生駅のホームから線路に飛び込んで死亡が確認されたこの人身事故は、4月24日午後2時20分過ぎに神奈川県川崎市麻生区の小田急小田原線柿生駅(かきおえき)で発生したもので、2人の女性はホームに入ってきた下りの快速・急行電車にはねられました。

「人が飛び込んだ」という通報で駆け付けた警察と消防が2人を病院に搬送しましたが、間もなく死亡が確認され、柿生駅に設置された防犯カメラ映像などから2人は手を繋いで線路に飛び込み自殺を図った可能性が高いことが判明。

2人は70代と90代の高齢女性で1人は杖を付いており、姉妹だったという。これまでに遺書などは見つかっておらず、警察が身元の確認を進めると共に2人で飛び込んだ経緯や関係などについても調べています。

柿生駅で起きたこの高齢者の自殺(人身事故)の影響で、小田急小田原線は川崎市の新百合ヶ丘駅と東京都町田市の町田駅の上下線で1時間半にわたって運転を見合わせるなどの影響が出ました。

事故現場の小田急小田原線柿生駅のホーム
(事故現場の小田急小田原線柿生駅のホーム)

ツイッターには女性が飛び込んで間もなくしてから撮影されたとみられる事故現場の写真が投稿されており、乗客が不安そうに見守っているのが確認出来ます。

小田急線柿生駅で人身事故、高齢者2人が手を繋ぎホームから線路に飛び込み自殺か…Twitterの声

小田急線柿生駅で人身事故 高齢者2人が手を繋ぎホームから線路に飛び込み自殺 高齢者の友人同士?

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

2 件のコメント


  • コメントをどうぞ

    お名前欄が空欄だと匿名になります。
    コメントは承認後の公開となります。