福岡市東区の箱崎ふ頭で火事・火災発生 スクラップ船(貨物船)「TAIYUAN」から出火し炎上

福岡市東区の箱崎ふ頭で火事・火災発生 スクラップ船(貨物船)「TAIYUAN」から出火し炎上

福岡市東区6丁目の 箱崎ふ頭 に接岸していたスクラップ船(貨物船)の「TAIYUAN」で4月24日午後、鉄屑から出火した火事・火災が発生し、激しい黒煙が上空に立ち上っています。通報を受けて出動した福岡市消防局が消火活動に当たっています。

火事で積荷のスクラップ(鉄屑)が燃えている貨物船はベリーズ船籍の「TAIYUAN」(タイユアン)とみられており、乗組員の中国人11人は無事が確認されています。

出火原因については明らかになっておらず、これまでに消防隊員がスクラップ船に乗り移るなどして懸命な消火活動が続けられていましたが、翌25日に午前4時50分頃に船が沈没し鎮火しました。

以下、福岡市東区の箱崎埠頭で起きた火事・火災の詳細です。
(4月28日午後1時頃に追記)

箱崎ふ頭に接岸中のスクラップ船(貨物船)で火災発生、11人の中国人乗組員は無事を確認

岸に接岸していたスクラップ船から出火し炎上を続けているこの火事は、4月24日午後1時30分頃に福岡県福岡市東区6丁目の箱崎ふ頭に接岸していた中央アメリカ・ベリーズ船籍の貨物船「TAIYUAN」(1972トン)から黒煙が出ていると消防に通報があり発覚したものです。

この火事で燃えているのは積荷のスクラップとみられており、出火から長時間に渡って鉄屑などが燃え消火活動が続けられていましたが、4月25日午前4時50分頃に船が沈没。鎮火しました。

貨物船「タイユアン」が沈没した影響で船に積載されていた重油が流出して港を管理する福岡市や漁協、海上保安部などが沿岸と船10隻を出して回収作業が続いています。

重油は近くの砂浜や火災現場から約10数キロ先の沖合まで流れ出ており、油回収船などが作業に当たっているということです。

火災現場の上空には黒煙が立ち上っており、乗組員の中国人11人は無事が確認されています。

消火活動中のスクラップ船「TAIYUAN」:箱崎ふ頭
(消火活動中のスクラップ船「TAIYUAN」:箱崎ふ頭)

ツイッターには上空に立ち上る黒煙を撮影した写真が投稿されており、対岸や遠目からも火事が起きているのが確認出来る状態でした。

福岡市東区の箱崎ふ頭のスクラップ船で火事・火災発生…Twitterの声

福岡市東区の箱崎ふ頭で火事・火災発生 スクラップ船(貨物船)「TAIYUAN」から出火し炎上