埼玉県秩父市の浦山ダムで落下事故 崖から車が落ちて柏木海渡さんが死亡するなど男性4人が死傷

埼玉県秩父市の浦山ダムで落下事故、崖から車が落ちて柏木海渡さんが死亡するなど男性4人が死傷

埼玉県秩父市浦山の浦山ダムに架かる浦山大橋の近くで4月22日夜、18歳の柏木海渡さんが運転する軽自動車がガードフェンスを突き破って崖から落下する事故があり、運転手の男性が死亡したほか、同乗していたいずれも18歳で大学生の男性3人が重軽傷を負うなど、4人が死傷する事故となりました。

事故現場は浦山ダム(浦山川)沿いに走る県道73号線で見通しの良い片側1車線の直線道路。軽自動車が崖から落ちた場所は浦山大橋の南側で、橋の入口付近のガードフェンスを突き破って約15メートル下に落下したもの。

4人は友人同士で、心霊スポット巡りをしている最中、事故に遭ったとみられています。事故の原因は落石が車に当たった衝撃でエアバッグが作動した可能性が高い。

以下、埼玉県秩父市浦山の浦山ダム付近から軽自動車が落下した事故の詳細です。
(4月24日午前1時頃追記)

埼玉県秩父市浦山の浦山ダムで車が15メートル下の崖下に落下する事故、18歳の男性4人が死傷

車が崖から落ちて18歳の男性4人が死傷したこの落下事故は、4月22日午後9時40分頃に埼玉県秩父市浦山の県道73号の山道を走っていた軽自動車が対向車線を越えてガードフェンスを突き破り、崖から約15メートル下に落下したものです。

車が柵を突き破った浦山大橋の事故現場
(車が柵を突き破った浦山大橋の事故現場)

崖から落ちた軽自動車に乗っていた男性から「車が崖から落ちた」と消防に通報があり事故が発覚。

この事故で軽自動車を運転していた柏木海渡(かしわぎかいと)さん(18)が胸を強く打って死亡したほか、18歳の男性が意識不明の重体で埼玉県横瀬町在住の18歳の男子大学生と職業不詳の18歳の男性が全身打撲の軽傷を負うなど、合わせて4人が死傷しました。

助手席に同乗していた男子大学生は「車に何かがぶつかって運転席のエアバッグが開いて前が見えなくなった」と話しており、車の転落現場近くの路上に縦・50センチ、横30センチ、厚み20センチほどの楕円形の岩が落ちていたことが判明。

斜面からの落石が車にぶつかった衝撃でエアバッグが作動し視界が塞がれて事故を起こした可能性が高いということです。

事故が起きた場所は浦山ダム(浦山川)にかかる浦山大橋近くの県道73号線。片側1車線の直線道路で、事故当時は路面が濡れていました。

警察が事故原因を調べていますが、4人は友人同士で心霊スポット巡りでドライブの最中に事故に遭ったとみられています。

15メートル下の崖下に落ちた軽自動車・柏木海渡さんが運転
(15メートル下の崖下に落ちた軽自動車・柏木海渡さんが運転)

埼玉県秩父市浦山の浦山ダムに架かる浦山大橋で死亡・落下事故発生…Twitterの声

埼玉県秩父市の浦山ダムで落下事故、崖から車が落ちて柏木海渡さんが死亡するなど男性4人が死傷

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)