秋葉原駅に不審物?昭和通り口の改札が封鎖され爆弾処理班や作業車が出動する事件 現場一帯に規制線

秋葉原駅に不審物?昭和通り口の改札が封鎖され爆弾処理班や作業車が出動する事件、現場一帯に規制線

JR秋葉原駅 昭和通り口の改札内トイレで4月23日正午前、爆弾の可能性がある不審物が見つかる事件があり、昭和通り口改札が封鎖され現場一帯に規制線が張られる大騒動になっています。これまでに爆弾が見つかったり爆発したという情報はなく、爆弾処理班が出動して対応に当たっているとみられます。

秋葉原駅・昭和通り口の封鎖は不審物が見つかった午前11時過ぎから2時間が経った午後1時現在も続いており、その間にも作業車や防護服に身を包んだ警察関係者が出動するなどしています。

その後の調べで駅構内のトイレにリード線と乾電池が付いた芳香剤が置かれていたことが判明。爆発物の恐れはないということですが、悪質ないたずらの可能性が高いとみて警視庁万世橋署がトイレに出入りした人物を調べています。

以下、4月23日に秋葉原駅の昭和通り口で不審物が見つかった事件の現場写真や詳細です。
(午後3時前に追記)

JR秋葉原駅 昭和通り口の改札封鎖、改札内のトイレで不審物が見つかり爆弾処理班が出動

秋葉原駅昭和通り口の改札が封鎖されたこの不審物騒動は4月23日午前11時過ぎ、昭和通り口の改札内の多目的トイレで爆弾の可能性もある不審物(リード線と乾電池が付いた芳香剤)が見つかり、駅周辺に大量の警察車両や警察官が出動する騒ぎとなった事件です。

多目的トイレの掃除に訪れた清掃員が不審物を見つけ、駅員から「トイレに不審なものがある」と警察に通報があり発覚。

その後、昭和通り口(ヨドバシカメラ側)の改札が緊急封鎖された上、一帯に規制線が張られるなど現場は騒然となり、警察関係者が駅利用客を改札から遠ざけたという。

ツイッターに投稿された事件現場の写真では、正午前には重機(爆破作業車)や機動隊の爆発物処理班が出動するなど、かなり物々しい雰囲気となっていることが伺えます。

これまでに秋葉原駅で爆弾が爆発したという情報はありませんが、不審物の処理が続いているとみられます。ただ、周辺の店舗は通常通り営業を続けており、電車も動いている模様。

秋葉原駅 昭和通り口で見つかった不審物に関して、詳しいことが公表されていない状況ですが最新情報や続報があれば追って更新していきます。

その後の調べで見つかった不審物は爆発物ではなく、いたずらの可能性が高いとみて捜査が続けられています。

秋葉原駅に不審物?昭和通り口の改札が封鎖され爆弾処理班や作業車が出動する事件発生…Twitterの声

秋葉原駅に不審物?昭和通り口の改札が封鎖され爆弾処理班や作業車が出動する事件、現場一帯に規制線