千葉市稲毛区長沼原町でクレーンが倒れる事故発生 車5台が下敷きの被害 日立住友重機械建機クレーンの営業所で事故

千葉市稲毛区長沼原町でクレーンが倒れる事故発生、車5台が下敷きの被害 日立住友重機械建機クレーンの営業所で事故

千葉県千葉市稲毛区長沼原町の重機製造会社「日立住友重機械建機クレーン」の敷地内で45mのクレーン車が点検中に倒れる横転事故が発生し、敷地内に止まっていた車5台が下敷きになりました。クレーン車は強風にあおられて倒れたとみられていますが、これまでにケガ人はいないということです。

この大型クレーン車の横転事故により、建物に穴が開いたり車が下敷きになったりしている様子が確認出来ますが、幸いにもケガ人はいないとみられています。

事故当時、労働基準監督署の担当者が立ち会った上でクレーンを45メートルの長さまで伸ばして点検作業が行われていました。

以下、千葉市稲毛区長沼原町の営業所で大型クレーンが倒れた横転事故の詳細です。

千葉県千葉市の日立住友重機械建機の営業所で45mのクレーン車が倒れる事故、労働基準監督署の担当者が立ち会う検査中に事故発生

長さ45メートルの大型クレーン車が倒れる事故が発生したのは4月19日午前10時半頃、千葉市稲毛区長沼原町の重機製造会社「日立住友重機械建機クレーン」営業所の従業員から「クレーン車が倒れて自動車からガソリンが漏れている」と消防に通報があり発覚。

この事故で敷地駐車場に止まっていた車5台がクレーンの下敷きになり破片が飛び散りって車9台が破損したり建物に穴が開くなどの被害が確認されていますが、これまでにケガ人の情報はありません。

事故当時、現場の日立住友重機械建機クレーンの営業所内では労働基準監督署の担当者が立ち会った上で行われるクレーンの点検をしていたといい、クレーンを最大限の長さ45メートルまで伸ばして使うための点検途中で、荷物を吊り上げて旋回した際にバランスを崩して倒れたという。

警察が事故原因を調べていますが、千葉市では午前10時過ぎに最大瞬間風速15m以上を観測しており、強風にあおられてクレーン車がバランスを崩した可能性が高いとみられています。

クレーンが倒れた事故現場の写真:千葉市稲毛区長沼原町「日立住友重機械建機クレーン」の敷地内
(クレーンが倒れた事故現場の写真:千葉市稲毛区長沼原町「日立住友重機械建機クレーン」の敷地内)

千葉市稲毛区長沼原町でクレーンが倒れる事故発生…Twitterの声

千葉市稲毛区長沼原町でクレーンが倒れる事故発生、車5台が下敷きの被害 日立住友重機械建機クレーンの営業所で事故

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)