調布市国領町の工事現場で作業員の転落事故、鉄筋が脇腹に刺さり貫通・重傷も命に別状なし

調布市国領町の工事現場で作業員の転落事故、鉄筋が脇腹に刺さり貫通・重傷も命に別状なし

東京都調布市国領町3丁目の住宅街の外れにある地下道を作っていた工事現場で足場を組み立てていた46歳の男性作業員が足場から落ちる転落事故が発生し、背中から脇腹にかけて基礎工事用の鉄骨が貫通し重傷で病院へと搬送されました。男性は病院で治療を受けていますが、命に別状はないということです。

事故が起きた当時、男性は別の作業員3人とポンプ室を建てるための足場を組み立てていたということで、警察が業務上過失致傷の疑いも視野に当時の安全状況の確認など調べを進めています。

以下、調布市国領町3丁目の地下道工事現場で起きた転落事故の詳細です。

調布市国領町3丁目の工事現場で作業員の男性が足場から3メートル落下、鉄骨が脇腹に刺さり重傷

工事現場で作業を行っていた作業員の男性が足場から落下したこの転落事故は4月19日午前9時過ぎ、東京都調布市国領町3丁目の地下通路を作る工事現場で、46歳の男性作業員が足場を組み立てていたところ足を踏み外して約3メートルの高さから落下した事故です。

足場から落ちた男性は締めに組まれていた基礎工事用の鉄筋の上に落ちてしまい、直径2センチの鉄筋が背中から脇腹に突き刺さり負傷。

通報で駆け付けた消防に救助され病院に搬送されており、重傷だが命に別状はないということです。

男性は19日午前8時過ぎから別の作業員3人と足場を組み立てる作業を行っていましたが足を踏み外して誤って転落したとみられている。警視庁調布署が業務上過失致傷の疑いも視野に工事の安全に問題がなかったか捜査を進めています。

現場は交差点の下に地下道を作る工事をしており、男性はポンプ室を建てるための足場を組み立てる作業をしていたという。

事故が起きた場所は調布市国領町3丁目の「国領町3丁目第2アパート(1~3)」の北側で「野川」沿いの現場。交差点の下に地下道を作っている途中の工事現場で、転落した男性らはポンプ室を建てるための足場を組み立てていました。

事故が起きた工事現場:東京都調布市国領町3丁目
(事故が起きた工事現場:東京都調布市国領町3丁目)

調布市国領町の工事現場で作業員が転落する事故発生、鉄筋が貫通し負傷…Twitterの声

調布市国領町の工事現場で作業員の転落事故、鉄筋が脇腹に刺さり貫通・重傷も命に別状なし

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)