宍道湖に水上飛行機が墜落する事故発生、乗員2人は救助され無事を確認 島根県松江市玉湯町湯町付近の湖

宍道湖に水上飛行機が墜落する事故発生、乗員2人は救助され無事を確認 島根県松江市玉湯町湯町付近の湖

島根県松江市と出雲市にまたがる湖 宍道湖(しんじこ) で4月15日正午頃、水上飛行機が転覆(当初は墜落と報道)する事故が発生。飛行機が離陸に失敗して転覆・水没した可能性が高く詳細は調査中。70代とみられる乗員2人は間もなく救助され無事が確認されています。

水上飛行機が墜落した宍道湖は松江市と出雲市にかかる湖ですが、事故現場は松江市玉湯町湯町付近とみられており、JR山陰線・玉造温泉駅から北に約1キロ離れた湖岸に近い場所です。

飛行機に乗っていたのは松江市に住む72歳の男性と鳥取県米子市に住む70歳の共に高齢男性で、病院に搬送されましたが目立ったケガはないという。

以下、4月15日に松江市の宍道湖で水上飛行機が転覆した事故の詳細です。

宍道湖に水上飛行機墜落の一報、機体は松江市北上の湖内に水没

水上飛行機が湖に墜落したというこの事故は4月15日午前11時25分頃、島根県松江市玉湯町湯町の北約100メートルの宍道湖(しんじこ)に水上飛行機が墜落したと警察に通報があり発覚。

現場に駆け付けた知人や消防のボートで松江市に住む72歳の男性と鳥取県米子市に住む70歳の乗員2人を救助。救助当時、2人は意識もあり軽傷だという。

当初、水上飛行機は墜落したとみられていましたが、離陸に失敗して沈没したことが判明。事故直後は湖上に飛行機の後ろ部分が出ているのが確認されていましたが、間もなくして沈んでいき現在は大部分が水没しています。

事故が起きた15日の松江市一帯は強い風が吹いており、強風注意報が発令されていました。水上飛行機が墜落する直前には最大瞬間風速が約16メートルに達していたという。

水上飛行機に乗っていた男性らによると「離陸の際、波でバウンドした後に前のめりになって停止した」と話しており、そのまま転覆した可能性が高い。

警察と消防が飛行機が墜落した原因や当時の状況を調べていますが、詳しいことは分かっておらず被害状況や事故原因が分かり次第、最新情報を追記していく予定です。

水上飛行機は離陸に失敗して飛び立てずに転覆したことが明らかになりました。
引き続き、詳細を調査中です。

宍道湖で転覆した水上飛行機
(宍道湖で転覆した水上飛行機)

島根県松江市の宍道湖で水上飛行機が転覆する事故発生…Twitterの声

宍道湖に水上飛行機が墜落する事故発生、乗員2人は救助され無事を確認 島根県松江市玉湯町湯町付近の湖