新東名高速 岡崎SA付近の死亡事故でトラック運転手・斎藤信夫容疑者を逮捕=東京ディズニーシー行き「中央高速バス」運転手2人が死亡

新東名高速 岡崎SA付近の死亡事故でトラック運転手・斎藤信夫容疑者を逮捕=ディズニーシー行きの中央高速バス運転手2人が死亡 ツイート

今月2日、愛知県岡崎市の新東名高速道路上に故障し止まっていた、中央交通バスが運行する高速バスに大型トラックが追突し、車外に出ていたバス運転手2人が死亡した事故で、愛知県警高速隊は、トラックを運転していた斎藤信夫容疑者(57)=福岡市博多区西春町1=を2日夜、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷容疑)で逮捕したと発表しました。

この死亡事故は10月2日午前2時5分頃、愛知県岡崎市駒立町の新東名高速道路上り線で、ブレーキのエア漏れとみられる故障のため、路側帯に停車していた大阪市のバス会社「中央交通バス」が運行する観光バスに大型トラックが追突したもの。

故障の対応のため、車外にいたバスの男性運転手2人はトラックに追突されはずみでバスと高速道路の側に挟まれ、出血性ショックのため間もなく死亡しました。また、この事故でバスに乗車していた乗客の大阪市の女子大学生(22)と、斎藤信夫容疑者の2人が切り傷など軽傷を負った。

また、この事故で観光バス運転手の大谷秀雄さん(53)=大阪府太子町葉室=と、染谷文彦さん(50)=大阪市城東区中浜1=の2人が死亡しました。

追突された観光バスは「中央交通バス」(大阪市)が運行する高速バス。バスには運転手2人と乗客27人が乗り、1日夜に大阪市内を出発し、千葉県浦安市の東京ディズニーシーに向かっていた途中、エア漏れとみられる右後輪のブレーキに不具合が確認されたため、路側帯に停車し運転手2人が外に出た際、事故に巻き込まれたとみられています。

事故当時、後続車に注意を促す「三角表示板」はバスの後方に設置されていたということです。県警高速隊は、更に詳しい事故当時の状況を調べる方針です。

新東名高速でトラックがバスに衝突、運転手2人が死亡した事故…Twitterの反応

事故が起きた現場と周辺地図

事故現場は新東名高速道路の岡崎SA(サービスエリア)から東京方面へ約3キロの路上で、片側2車線。新東名高速設計・構造上見通しは良い場所だったという。

事故現場の地図
10月2日未明、新東名高速道路で起きた死亡事故で、後ろから追突した大型トラックの運転手・斎藤信夫容疑者が逮捕されました。

高速バスは東京ディズニーシーに向かう夜行バスで、トラブルがなければ早朝には目的地に着く予定だったと思われます。格安バスが人気を集めた一方、事故が多発したため、バスの運行方法が変わったことで一時に比べれば高速バスの事故は減りましたが、事故が無くならないのが実情です。

今回の死亡事故の原因はトラックの整備不良だった可能性もありますが、今後の捜査で詳しい状況などがわかってくると思われます。

新東名高速 岡崎SA付近の死亡事故でトラック運転手・斎藤信夫容疑者を逮捕=ディズニーシー行きの中央高速バス運転手2人が死亡 ツイート

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)