埼玉県幸手市上高野で内藤周史容疑者が9歳の小3男児を車ではねて意識不明の重体、運転手の男を現行犯逮捕

埼玉県幸手市上高野で内藤周史容疑者が9歳の小3男児を車ではねて意識不明の重体、運転手の男を現行犯逮捕

埼玉県幸手市上高野の市道で横断歩道を渡っていた小学校3年生で9歳の男の子が 内藤周史(ないとうちかし) 容疑者の運転する車に轢かれて意識不明の重体となる事故があり、運転手の内藤周史容疑者が過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕されました。警察が事故の原因を調べていますが、前方不注意で事故を起こした可能性が高いとみられています。

この事故は幸手市上高野の市道を渡っていた小学3年生の男の子が車にはねられて意識不明の重体になっている事故で、車を運転していた内藤周史容疑者は調べに「男の子にぶつかった後に気付いた」と話しており、事故の直前まで横断歩道を渡っている男の存在に気付いていなかった可能性が高い。

以下、埼玉県幸手市上高野の市道で起きた小学生が車に轢かれて意識不明となっている事故の詳細です。

埼玉県幸手市上高野の市道で小3男児を轢いた疑い、内藤周史容疑者を過失運転致傷容疑で現行犯逮捕

9歳の小学3年生の男の子が車にはねられて意識不明の重体になっているこの事故は、4月13日午後4時頃に埼玉県幸手市(さってし)上高野の市道で、交差点のない横断歩道を渡っていた小学3年生の男の子(9歳)が走ってきた車に轢かれて意識不明の重体となっている事故です。

男の子は頭などを強く打ち、意識不明の状態で病院へ搬送されており治療を受けている。

この事故で警察は車を運転していた埼玉県幸手市北在住の会社員(建設会社社員)・内藤周史(ないとうちかし)容疑者(22)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

内藤周史容疑者は警察の調べに対して「(横断歩道を渡っていた男児に)ぶつかった後に気が付いた」と話しており、容疑を認めている。

警察が事故原因を調べていますが、男の子をはねた車を運転していた内藤周史容疑者が何らかの理由で前方不注意となった可能性が高いとみて、当時の状況などを詳しく調べています。

埼玉県幸手市上高野の市道で内藤周史容疑者が運転する車に小3男児がはねられ意識不明の重体…Twitterの声

埼玉県幸手市上高野で内藤周史容疑者が9歳の小3男児を車ではねて意識不明の重体、運転手の男を現行犯逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

3 件のコメント

  • 加害者は仮釈放⁈謝罪やお見舞いの言葉がないなんて許せません!

  • こんばんわ。その後、お加減いかがですか?6歳の息子も3月30日に交通事故に会い、今埼玉赤十字に入院しています。幸い、足、鎖骨、肋骨、脾臓損傷、肺挫傷、全身打撲で意識はあったので、人事とは思えずコメントしちゃいました。親御さんも、ショックや疲労大変だと思いますが、お子様の一日も早い回復お祈り申し上げます。