熊本市東区東野で殺人事件、岩下洋見容疑者が妻の首を絞めて殺害 介護疲れから妻を殺害し自ら通報し事件が発覚

熊本市東区東野で殺人事件、岩下洋見容疑者が妻の首を絞めて殺害 介護疲れから妻を殺害し自ら通報し事件が発覚

熊本県熊本市東区東野1丁目の2階建てアパートの一室で4月8日午前、この家に住む夫の岩下洋見(いわしたひろみ)容疑者が74歳の妻・岩下ヤエさんの首をタオルで絞めて殺害する殺人事件がありました。妻を殺害後、自ら消防に通報し事件が発覚し、殺人未遂容疑で逮捕されました。妻が病院で死亡したことを受け、容疑を殺人に切り替えて捜査が行われています。

夫に首を絞められて殺害された岩下ヤエさんは7年前から足を悪くしており、昨年の秋頃に入院先の病院を退院して自宅アパートに戻り、逮捕された夫の介護を受けていました。

岩下洋見容疑者は警察の調べに対して「介護疲れから妻の首をタオルで絞めて殺害した」と容疑を認める供述をしており、妻の介護疲れから殺害に至り、犯行後に自ら通報したということです。

以下、熊本県熊本市東区東野1丁目の2階建てアパートで起きた殺人事件の詳細です。

熊本市東区東野1丁目の自宅アパートで妻の首を絞めて殺害した疑い、夫の岩下洋見容疑者を逮捕

自宅アパートで73歳の夫が74歳の妻の首を絞めて殺害したこの殺人事件は4月8日午前10時50分頃、熊本県熊本市東区東野1丁目の2階建てアパートの一室で、岩下洋見(いわしたひろみ)容疑者(73)が妻の岩下ヤエさん(74)の首を絞めて殺害した疑いがもたれている。

犯行後に岩下洋見容疑者が自ら「妻の首を絞めた」と消防に通報し事件が発覚。駆け付けた救急隊員が部屋の中に倒れた岩下ヤエさんを見つけて病院に搬送しましたが、間もなく死亡が確認された。

その際、自宅に駆け付けた警察署員の調べに対して妻の首を絞めたことを認めたため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕されましたが、妻の岩下ヤエさんが病院で死亡したことを受け、容疑を殺人に切り替えて捜査を進める方針だという。

岩下洋見容疑者は逮捕後の調べで「介護の疲れから妻の首を絞めて殺した」と介護疲れによる犯行を供述している。この夫婦は事件現場から約500メートル離れたアパートに2人で暮らしていましたが、昨年4月の熊本地震で被災して5月頃に現在の熊本市東区東野1丁目に建つ2階建てのアパートに引っ越してきていました。

殺害された妻は約7年前に足を悪くしており、熊本地震の当時は入院していましたが昨年秋頃には退院。デイサービスに行っていたということですが、自宅で介護をしていた夫の岩下洋見容疑者が介護に疲れて殺害した可能性が高いとみられています。

警察は事件の経緯を調べると共に、犯行動機についても調べを進める方針だということです。

殺人事件現場の2階建てアパート:熊本県熊本市東区東野1丁目
(殺人事件現場の2階建てアパート:熊本県熊本市東区東野1丁目)

熊本市東区東野で殺人事件、岩下洋見容疑者が妻の首を絞めて殺害した疑いで逮捕…Twitterの声

熊本市東区東野で殺人事件、岩下洋見容疑者が妻の首を絞めて殺害 介護疲れから妻を殺害し自ら通報し事件が発覚

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。