茨城県坂東市の白骨化遺体の身元は失踪した中国人技能実習生・徐天意さんと判明、死体遺棄事件として捜査

茨城県坂東市の白骨化遺体の身元は失踪した中国人技能実習生・徐天意さんと判明、死体遺棄事件として捜査

茨城県坂東市の山林で白骨化した男性遺体が見つかっていた死体遺棄事件で、4月3日までに遺体の身元が判明しました。山林に埋められていた遺体は2011年8月に技能実習生(農業実習生)として日本に入国していた中国人の徐天意(ジョ・テンイ)さん(当時29)と判明。殺害された可能性については不明です。

坂東市の山林に遺体が埋められ、白骨化した状態で見つかった中国人技能実習生の徐天意さんは死後、少なくとも半年以上が経っているということですが、失踪し行方不明になったのは4年前の2013年3月ということから、かなり前から埋められていた可能性も考えられます。

警察が死体遺棄事件として捜査を進めていますが、徐天意さんの死因については明らかになっておらず、殺害された可能性も視野に捜査を行う方針だという。

以下、茨城県坂東市の山林で白骨化遺体が見つかった死体遺棄事件の詳細です。

茨城県坂東市の山林で見つかった白骨化遺体の身元は中国人実習生の徐天意さんと判明

この死体遺棄事件は2016年9月10日から12日にかけて茨城県坂東市山の山林に栗拾いに訪れていた66歳の男性が白骨化した遺体を見つけ警察に通報したもので、警察が遺体の身元確認を進めていたものです。

遺体発見当時、山林に埋められた状態で見つかった白骨は長袖のパーカーに長ズボンを身に着け靴を履いていました。20歳から40歳くらいの男性遺体と考えられていましたが、2017年4月3日になって遺体の身元は約4年前から失踪していた当時29歳の中国人実習生・徐天意(ジョ・テンイ)さんと判明しました。

徐天意さんは2011年8月に技能実習生(農業実習生)として日本へ入国しており、農家で実習中の2013年3月に失踪したため、受け入れ団体が行方不明の届け出を出していました。

茨城県坂東市の山林で見つかった遺体が失踪・行方不明になっていた徐天意さんと判明したことを受け、警察は死体遺棄事件として進めています。遺体に目立った外傷はなく、少なくとも死後半年以上が経っているということです。

現在までに徐天意さんが死亡した経緯などは明らかになっておらず、殺害された後に山に埋められた可能性も考えられる。

警察は専用のフリーダイヤルを設置して広く情報提供を呼び掛けており、約4年前に失踪した徐天意さんに関する情報を収集する方針だという。

情報提供専用ダイヤル:0120-102-51

徐天意さんの白骨化した遺体が見つかった茨城県坂東市の山林
(徐天意さんの白骨化した遺体が見つかった茨城県坂東市の山林)

茨城県坂東市の白骨化遺体の身元は失踪した中国人技能実習生・徐天意さんと判明…Twitterの声

茨城県坂東市の白骨化遺体の身元は失踪した中国人技能実習生・徐天意さんと判明、死体遺棄事件として捜査