愛知県豊山町で死亡ひき逃げ事件、現場に出動中のパトカーと救急車が衝突事故を起こし到着遅れる

愛知県豊山町で死亡ひき逃げ事件、現場に出動中のパトカーと救急車が衝突事故を起こし到着遅れる

愛知県豊山町豊場の県道で4月1日夜、近所に住む75歳の女性・石原孝子さんが車にひき逃げされる死亡ひき逃げ事件が発生し、被害者の女性が死亡しました。通報を受けて事件現場に出動中のパトカーと救急車が衝突事故を起こしたため、別の救急車が10分遅れで現場に到着しました。女性の死亡に事故による影響はなかったと発表されています。

事故を起こしたパトカーと救急車はそれぞれ赤色灯を付けサイレンを鳴らした状態で衝突したとみられており、警察が事故の原因を詳しく調べています。

また、4月2日朝からは死亡ひき逃げ事件が起きた現場で遺留物を捜す捜査が行われており、事件現場から逃げた車の行方を追っているという。

その後、愛知県春日井市在住の田口保(たぐちたもつ)容疑者(72)がひき逃げ容疑で逮捕され、容疑を認める供述をしています。

以下、愛知県豊山町豊場の県道で起きた死亡ひき逃げ事件とパトカーと救急車の衝突事故の詳細です。
(4月3日午前11時頃、追記更新)

愛知県豊山町豊場の県道で近所の石原孝子さんがひき逃げされ死亡、現場近くでパトカーと救急車の衝突事故

この死亡ひき逃げ事件は4月1日午後11時40分頃、愛知県豊山町豊場の県道で頭から血を流して倒れている高齢女性を通りがかった人が見つけ警察に通報し発覚したもので、死亡した女性の身元は石原孝子(いしはらたかこ)さん(75)と判明しました。

石原さんは外出先から自宅に戻る途中でひき逃げ遭い、車道のセンターライン周辺で倒れており頭を強く打っており既に死亡していたが、警察は現場の状況から死亡ひき逃げ事件と判断して逃げた車の行方を追っています。

その後の捜査で任意で話を聴いていた愛知県春日井市浅山町に住む会社員・田口保(たぐちたもつ)容疑者(72)がひき逃げ容疑で逮捕され、調べに対して「人に乗り上げたことは間違いない」と容疑を認める供述をしていることが分かりました。

死亡ひき逃げ事件が起きた路上:愛知県豊山町豊場の県道
(死亡ひき逃げ事件が起きた路上:愛知県豊山町豊場の県道)

また、この事件の通報を受けて豊山町豊場の事件現場に向かっていた西春日井広域事務組合消防本部の救急車が約200メートル手前の交差点で右折しようとしたところ、右側車線を走っていたパトカーと衝突。別の救急車が出動したため、到着が約10分遅れが生じたという。

ひき逃げされた石原さんは既に死亡していたとみられており、救急車が遅れて到着したことと死亡の関連はないとみられています。

衝突事故を起こしたパトカーと救急車は互いに赤色灯を付けサイレンを鳴らしていたということで、事故原因を調べると共に、死亡ひき逃げ事件に関しても4月2日の朝から事件現場で遺留物を捜すなどの捜査が進んでいます。

ひき逃げ現場に向かっていたパトカーと衝突事故を起こした救急車
(ひき逃げ現場に向かっていたパトカーと衝突事故を起こした救急車)

愛知県豊山町で死亡ひき逃げ事件発…Twitterの声

愛知県豊山町で死亡ひき逃げ事件、現場に出動中のパトカーと救急車が衝突事故を起こし到着遅れる

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)