徳山下松港内でタンカー「洋和丸」浸水、東ソー事業所の沖合=カセイソーダ400トンを積載し沈没寸前

徳山下松港内でタンカー「洋和丸」浸水、沈没の恐れ=劇物のカセイソーダ400トンを積載

30日午前10時45分頃、山口県周南市の徳山下松港内の正和海運(山口県宇部市)所有のタンカー「洋和丸」(199トン)が浸水し、沈没の恐れがあると徳山海上保安部に連絡がありました。午後2時の時点で船体は左に大きく傾いており、浸水・沈没の恐れがあるとして、同保安部は巡視艇を現場に出動させ、船体の確認などを行っています。

洋和丸の積荷は劇物「カセイソーダ」(苛性ソーダ)400トンということがわかっており、現時点ではカセイソーダや重油の流出は確認されていません。

現在までに判明しているのは、9月30日午前10時45分頃、洋和丸が浸水した現場は徳山下松港内にある総合化学メーカー「東ソー」南陽事業所の岸壁から約350メートルの沖合。洋和丸はカセイソーダ(苛性ソーダ)約400トンを積載して出港したばかりで、広島の江田島市に向かう途中に浸水したという。乗組員の日本人4人は巡視艇に救助されているが、タンカー船内に水が入った原因などは明らかにされていない。

洋和丸が積んでいる、カセイソーダ=苛性ソーダは水酸化ナトリウムの別名で、紙やパルプの製造、石油の精製など、主に中和剤として用いられる強アルカリ性の化学物質です。
水に溶かすと激しく反応して大量の熱を発生するほか、飲むと意識障害や呼吸困難に陥り、少量でも死に至ることから、濃度が5%以上のものは毒劇物取締法で「劇物」に指定されています。

東ソーは、東京・港区に本社がある総合化学メーカーで、紙やパルプの漂白に使われるカセイソーダや、塩化ビニールの原材料などを製造している。山口県周南市の徳山下松港にある南陽事業所では、カセイソーダを年間112万トン製造し、国内のメーカーに出荷しています。

苛性ソーダ積載のタンカー「洋和丸」積荷の劇物は他の船に移す準備=東ソーはカセイソーダは密閉して積載と説明

2016.09.30

「洋和丸」が浸水した東ソー南陽事業所の場所と周辺地図

現場は山口県周南市・徳山下松港内にある総合化学メーカー「東ソー」南陽事業所の岸壁から約350メートル沖合の港内です。(浸水した洋和丸がある場所の地図を追加しました)

徳山下松港には化学メーカーが点在しており、東ソーの関連事業所も多数確認できます。

洋和丸の浸水・錨泊位置図

カセイソーダが海面流出の危機、洋和丸が沈没寸前…Twitterの反応

30日午前にタンカー「洋和丸」がカセイソーダ(苛性ソーダ)を積み、東ソー事業所から出港して間もなく浸水が確認されたようですが、原因などはわかっていません。

現在、洋和丸の船体は約45度傾き、デッキの一部が浸水し、沈没する可能性が高いようです。

積荷のカセイソーダ(苛性ソーダ)が漏れ出てしまった場合、多くの被害が予想されます。

徳山下松港内でタンカー「洋和丸」浸水、沈没の恐れ=劇物のカセイソーダ400トンを積載

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

1 個のコメント

  • 山口県は最近、大変やな。
    …てワシ山口県やけど。 岩国近くの和木町では三井科学岩国大竹工場が爆発するしなぁ。
    爆発したのはイスラエルの機械だそうで。
    これ、狙われてたろうって話。
    Is is のふりした米軍だったかな?
    皆、ちゃんと調べてな。真実を。
    日本は今、ひどいことなっとるで。