千葉市中央区の注射器通り魔事件の犯人 伊藤俊明を傷害容疑で逮捕=中央図書館前で女子中学生が刺される事件

千葉市中央区の注射針通り魔事件の犯人 伊藤俊明を傷害容疑で逮捕=中央図書館前で女子中学生が刺される事件

今月27日、千葉県千葉県県立中央図書館の階段で、中学1年の女子中学生が、中年の男に注射器で刺される通り魔事件が起きており、千葉県中央署は29日、中央区千葉寺町に住むアルバイト・伊藤俊明容疑者(55)を逮捕したと発表しました。伊藤俊明容疑者は容疑を否認している。

この通り魔事件は、9月27日午後4時5分頃、千葉市中央区市場町にある「県立中央図書館」の階段を歩いていた、千葉市内に住む中学1年生の女子中学生の右足太ももを、持っていた注射針付きの注射器で刺し、女子生徒が軽傷を負ったもの。事件後、伊藤容疑者は現場から逃走しました。

発表によると、29日夕方に事件現場近くの中央区亥鼻(いのはな)付近のコンビニに女子生徒の証言とよく似た男がいるのを私服警察官が発見し、職務質問を行い所持品を確認したところ、この男の持っていた鞄の中から注射器1本が見つかったため、通り魔事件の犯人の疑いが強いことから、飲食店アルバイトの伊藤俊明容疑者を傷害容疑で逮捕したというもの。

警察の調べに対し伊藤容疑者は「注射針で刺すようなことはしていない」と容疑を否認しているということです。

事件が起きた千葉市中央区周辺では、今月25日と先月上旬にも「注射器のようなものを持っている男を路上で見た」という通報が複数寄せられており、警察が事件との関連を調べるとともに、伊藤容疑者の取り調べを進める方針です。

千葉市中央区で通り魔事件=中央図書館周辺で注射針を刺される被害報告、傷害事件で捜査

2016.09.29

千葉市中央区の通り魔傷害事件、犯人逮捕…Twitterの反応

事件が起きた県立中央図書館の現場と周辺地図

女子中学生が注射針で刺された通り魔事件が起きたのは千葉県立中央図書館前の階段で、所在地は千葉県千葉市中央区市場町11−1。
周辺には千葉県警や千葉県警本部などがある一角です。

9月27日に千葉県中央区の県立中央図書館での通り魔・傷害事件の犯人が逮捕されました。伊藤俊明容疑者(55)は容疑を否認していますが、所持品から注射器が見つかっています。

現在までに右足の太ももを刺された女子中学生以外の被害報告は確認されていません。
また、8月上旬から伊藤容疑者と思われる男が注射器を持ち、路上に立っているという通報が複数件寄せられていましたが、被害者が増えなかったのが不幸中の幸いだったともいえます。

千葉市中央区の注射針通り魔事件の犯人 伊藤俊明を傷害容疑で逮捕=中央図書館前で女子中学生が刺される事件

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)