大田原高校の雪崩に巻き込まれ死亡した8人の身元が判明、那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故で男子生徒と教員が死亡

大田原高校の雪崩に巻き込まれ死亡した8人の身元が判明、那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故で男子生徒と教員が死亡

栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で3月27日午前に発生した雪崩に巻きまれ心肺停止状態だった県立大田原高校・山岳部の男子生徒7人と教員1人の合わせて8人の死亡が確認され、死亡した8人の身元が判明しました。いずれも16歳から17歳の高校生7人と29歳の教員1人が亡くなり、死因は圧死による窒息死と分かっています。

この雪崩事故は那須温泉ファミリースキー場で3月25日から27日の日程で行われていた春山登山の訓練(春山安全登山講習会・春山講習会)に参加していた県立大田原高校の生徒ら8人が雪崩に巻き込まれたもので、雪崩が起きた日は豪雪のため予定していた訓練が中止され、ラッセル訓練の実施に予定が変更されていた。

ラッセル訓練には県立大田原高校の生徒らが先頭に生徒40人と教員8人の合わせて48人が参加していましたが、県立大田原高校から参加した生徒7人と教員1人が死亡、他の40人全員が骨折などのケガを負って負傷しました。

那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故に巻き込まれ死亡した県立大田原高校の8人の身元が判明、高校生7人と教員1人が死亡

栃木県那須町のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で3月27日午前9時過ぎに発生した雪崩に巻き込まれた県立大田原高校(栃木県大田原市紫塚3丁目)の生徒と教員の8人が心肺停止状態で見つかった雪崩事故で、救助され病院に搬送され、27日中に死亡が確認されました。

那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故に巻き込まれ、心配亭状態で病院に搬送されていたのは県立大田原高校山岳部の1年から2年(16歳から17歳)の男子生徒7人と引率でスキー場を訪れていた男性教員1人の合わせて8人。

雪崩に巻き込まれたこの日、一帯は猛吹雪の天候不良で午前6時の時点で茶臼岳への登山訓練(春山安全登山講習会・春山講習会)の中止を決定。

雪深い山の中を雪をかき分けて進む「ラッセル訓練」に切り替えた上で訓練に参加していた栃木県内の7校・62人のうち高校生40人と教員8人の48人が5班に分かれてラッセル訓練に参加していましたが、雪崩に巻き込まれた県立大田原高校の生徒らが先頭に立って進んでいたところ、雪崩に巻き込まれたとみられています。

死亡した8人のほか、訓練に参加した生徒と教員の計40人全員(8人死亡で合わせて48人)が負傷した。うち男子生徒2人が重症で、男子生徒4人と教員1人の計5人が骨折などの重傷を負って救助され、病院へ搬送されました。

心肺停止状態で救助・病院へ搬送された後に死亡が確認された方の名前ですが、いずれも県立大田原高校の山岳部の生徒で…

・矢板市在住の16歳、高瀬淳生さん
・大田原市在住の16歳、佐藤宏祐さん
・さくら市在住の16歳、奥公輝さん
・高根沢町在住の16歳、萩原秀知さん
・那須塩原市在住の16歳、大金実さん
・那須塩原市在住の17歳、浅井譲さん
・那須町在住の17歳、鏑木悠輔さん
・大田原市在住で教員の29歳、毛塚優甫さん の8人です。

これまでの警察の調べにより、8人全員の死因が雪の重みで呼吸が出来なくなる 圧死 だったということが新たに分かっています。

この那須温泉ファミリースキー場での雪崩事故で県立大田原高校の生徒と教員8人が巻き込まれるなど、死亡事故が発生しましたが、スキー場のある那須町には26日から27日にかけて雪崩注意報や大雪注意報が発令されていました。

県立大田原高校の雪崩に巻き込まれ死亡した8人の身元が判明、那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故…Twitterの声

[ad-4]
大田原高校の雪崩に巻き込まれ死亡した8人の身元が判明、那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故で男子生徒と教員が死亡