那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故 県立大田原高校の生徒8人が心肺停止状態、行方不明の4人は発見の一報

那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故 県立大田原高校の生徒8人が心肺停止状態、行方不明の4人は発見

栃木県那須町(なすまち)のスキー場「那須温泉ファミリースキー場」で発生した雪崩事故に巻き込まれた県立大田原高校の生徒8人が心肺停止状態で発見されました。新たに2人が心肺停止状態で見つかりましたが、行方不明になっていた大田原高校の生徒3人と教員1人の4人は発見されたということです。

那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故に巻き込まれた大田原高校山岳部の生徒が心肺停止状態で見つかるなどしていますが、午後になり詳しい被害状況が少しずつ分かってきています。

現在までに春山登山の合同訓練に参加していた大田原高校の生徒8人が心肺停止状態で発見、少なくとも8人が重傷のケガを負うなどして救助を待っている状態だという。

行方不明になっていた同校の生徒や教員4人は発見されていますが、容体は不明。自衛隊や消防が救助活動を行うと共に、ほかに雪崩に巻き込まれた人がいないか捜索を続けています。

その後、心肺停止状態だった8人が病院に搬送され治療を受けていましたが、県立大田原高校の生徒7人と教員1人、合わせて8人の死亡が確認されました。

以下、那須温泉ファミリースキー場で発生した雪崩に栃木県立大田原高校の生徒らが巻き込まれた事故の詳細です。

大田原高校の雪崩に巻き込まれ死亡した8人の身元が判明、那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故で男子生徒と教員が死亡

2017.03.28

那須温泉ファミリースキー場の雪崩に高校生らが巻き込まれ6人が心肺停止状態、県内の7高校合同の春山登山の訓練で雪崩事故

2017.03.27

那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故に巻き込まれた大田原高校の生徒6人が心肺停止状態、行方不明だった教員と生徒4人をゲレンデで発見

この雪崩事故は栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で3月27日午前9時過ぎに起きた事故で、栃木県大田原市紫塚3丁目の「県立大田原高校」の生徒12人(いずれも1年と2年)と引率の教員らが雪崩に巻き込まれたものです。

これまでの消防による捜索によって、県立大田原高校の生徒8人が心肺停止状態で発見されたほか、生徒3人と教員1人の4人が行方不明になっていましたが、27日午後までに連絡が取れていなかった4人が発見されたと発表されています。

行方不明者が見つかったことで、午後3時現在の被害状況は県立大田原高校の男子生徒が8人が心肺停止状態で病院に搬送されているほか、少なくとも8人の生徒がケガを負っている模様。ケガの程度は不明ですが、自力で歩けない状態だということです。

那須温泉ファミリースキー場にはこの日、栃木県内の高校7校(県立大田原高校、県立宇都宮高校、県立那須清峰高校、県立矢板東高校、県立真岡高校、県立真岡女子高校、私立矢板中央高校)山岳部の生徒と教員、合わせて63人が春山登山の合同訓練(春山講習会)に参加している最中、雪崩に巻き込まれたとみられています。

合同訓練は高体連登山専門部会主催の「春山安全登山講習会」で、積雪期登山で必要な知識や技術の習得するため、3月25日から27日の2泊3日の予定で開催。雪崩が起きたスキー場「那須温泉ファミリースキー場」がある那須岳周辺で実技などを行っていたという。

那須温泉ファミリースキー場で雪崩に巻き込まれて自分で歩ける生徒は下山を始めており、現在までに32人の無事が確認されています。

合同訓練に参加していた高校生らの参加者は7つのグループに分かれて歩いていたところを雪崩に巻き込まれました。自衛隊約200人、消防約70人が捜索・救助に向かっています。

那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故 栃木県立大田原高校の生徒8人が心肺停止状態で発見…Twitterの声

[ad-4]
那須温泉ファミリースキー場の雪崩事故 県立大田原高校の生徒8人が心肺停止状態、行方不明の4人は発見