北海道苫小牧市の西港中央南埠頭で車が転落する死亡事故、下重義春さんが搬送先の病院で死亡 直前に体調不良の訴え

北海道苫小牧市の西港中央南埠頭で車が転落する死亡事故、下重義春さんが搬送先の病院で死亡 直前に体調不良の訴え

北海道苫小牧市の西港中央南埠頭に3人の仲間と釣りに訪れていた80歳の下重義春(しもじゅうよしはる)さんが乗った車が港から海に落ちる死亡事故が3月27日未明にあり、警察が事故の原因を調べています。海に落ちた下重さんは事故直前に体調不良を訴えており、落下・死亡との関係についても調べが進んでいます。

下重義春さんが乗った車は西港中央南埠頭の港から海に落下したとみられており、通報で駆け付けた消防が海中から救出して病院に搬送しましたが、約2時間半後に死亡が確認されました。

警察が事故の経緯について一緒に西港中央南埠頭を訪れていた釣り仲間から話を聴くなどして、事故の原因を調べています。

以下、北海道苫小牧市の西港中央南埠頭で起きた死亡事故(落下事故)の詳細です。

北海道苫小牧市の西港中央南埠頭で釣りに来ていた80歳の男性が海に転落し死亡、事故直前に体調不良の訴え

この死亡事故は3月27日午前5時前、北海道苫小牧市(とまこまいし)西港中央南埠頭に釣り仲間3人と釣りに訪れていた札幌市に住む下重義春(しもじゅうよしはる)さん(80)が運転する車が港から海に落下したものです。

下重義春さんと一緒に釣りに訪れていた釣り仲間から「人が乗った車が海に落ちた」と消防に通報があり事故が発覚。

消防が港から数メートル離れた海中から海に落ちた下重義春さんを救助し病院に搬送しましたが、約2時間半後に死亡が確認されました。

警察が事故原因を調べていますが、現在のところ詳しいことは分かっておらず、死亡した下重義春さんが事故直前に「目眩がする」と体調不良を訴えていたという。

一緒にいた釣り仲間が「海に落ちたら困るから、その場で座ってるんだよ」と声を掛けていたという、気付いたら車が動いて海に落ちたとみられています。

体調不良を訴えていた下重義春さんが車を動かそうとして何らかの理由で海に転落した可能性が高いとみられており、警察が当時の状況を詳しく調べています。

男性が運転する車が海に落ちた事故現場:北海道苫小牧市の西港中央南埠頭
(男性が運転する車が海に落ちた事故現場:北海道苫小牧市の西港中央南埠頭)
北海道苫小牧市の西港中央南埠頭で車が転落する死亡事故、下重義春さんが搬送先の病院で死亡 直前に体調不良の訴え