千葉市中央区で通り魔事件=中央図書館周辺で注射針を刺される被害報告、傷害事件で捜査

千葉県立中央図書館周辺で通り魔事件=女性の太ももに注射針、傷害事件で捜査

今月27日、千葉県千葉市中央区の「県立中央図書館」近くを歩いていた女性が、注射針のようなもので突然刺される通り魔事件がありました。現場周辺では、注射器を持った男を見た、という通報があったことがわかりました。29日午後1時の時点で犯人は逮捕されておらず、現在も逃走を続けています。女性は軽傷でした。

この通り魔事件は、9月27日午後4時頃、千葉市中央区にある県立中央図書館の近くを歩いていた女性が40代から50代の男とすれ違った際、注射針のようなもので太もものあたりを刺されたということです。

女性から警察に通報があり、駆け付けた警察官が調べたところ、注射針で刺された女性の太ももに針のようなもので刺された痕が見つかったという。女性は軽傷でしたが、犯人は現場から逃走している。

また、事件に使われた凶器が注射針だったこともあり、ネット上では感染症への心配や「怖い」という声が多くあがっています。

警察によると、女性を注射針で刺した犯人は男で、年齢40歳から50歳くらい。身長は1m60cm~65cm、体格は小太りで白髪交じりだったとのことです。

事件が起きた千葉市中央区周辺では、今月25日と先月上旬にも「注射器のようなものを持っている男を路上で見た」という通報が複数寄せられており、警察が27日に起きた通り魔事件との関連を詳しく調べています。

千葉市中央区の注射器通り魔事件の犯人 伊藤俊明を傷害容疑で逮捕=中央図書館前で女子中学生が刺される事件

2016.09.30

千葉市中央区「中央図書館」周辺で注射針刺される通り魔事件…Twitterの反応

県立中央図書館の現場と周辺地図

女性が駐車針で刺された通り魔事件が起きたのは千葉県立中央図書館。所在地は千葉県千葉市中央区市場町11−1。
周辺には千葉県警や千葉県警本部などがある一角です。

通り魔傷害事件があった現場の千葉市中央区周辺の路上では、注射器のようなものを持った男がたびたび目撃されており、周辺住民に注意を呼び掛けています。

犯人は現在も逃走を続けており、警察が詳しく捜査するとともに犯人の行方を追っています。

千葉県立中央図書館周辺で通り魔事件=女性の太ももに注射針、傷害事件で捜査

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)