塚本幼稚園のホームページがサーバーダウン、籠池理事長証人喚問で天皇陛下の訪問は事実と異なると指摘受けアクセス集中

塚本幼稚園のホームページがサーバーダウン、籠池理事長証人喚問で天皇陛下の訪問は事実と異なると指摘受けアクセス集中

国有地売却問題を巡って学校法人・森友学園の籠池泰典理事長が参議院予算委員会の証人喚問に出席。森友学園が運営する塚本幼稚園のホームページに天皇陛下が訪問したという事実と異なる記載があることについて指摘を受け、塚本幼稚園のホームページがサーバーダウン、一時的に繋がりにくい状態が続きました。

問題が指摘されている塚本幼稚園のホームページにはアクセスが集中したと思われますが、天皇皇后両陛下御奉迎という記載と共に数枚の写真が掲載されています。

天皇陛下らが実際には訪問していないのにご訪問したかのような記載があることに対し、籠池理事長は証人喚問の場で「記載されているのであれば申し訳ないことだと思っております」と回答しており、事実とは異なることを認めています。

証人喚問では皇室(天皇陛下)や安倍首相の名前を使って寄付金を集めていた疑惑について質問が行われました。

森友学園運営の塚本幼稚園のホームページに天皇陛下訪問の記載、籠池泰典理事長の証人喚問で事実と異なると指摘受け謝罪

3月23日午前、大阪府豊中市の国有地売却問題で学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長が23日、参議院予算委員会の証人喚問に出席しました。

その中で森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区塚本1丁目)のホームページに天皇陛下がご訪問した旨の記載があることについて、公明党の竹谷とし子議員から実際には訪問されていないのに皇室について触れた内容が記載されていることを指摘されたところ、籠池理事長は「記載されているのであれば申し訳ないことだと思っております」と回答した。

「私は知りませんでした。恐縮です」と釈明するも、塚本幼稚園のホームページには天皇陛下の写真や「御皇室との関わり」として「御皇室との関わりは長い歴史間を通じて深く、特に先帝昭和天皇陛下の御代にその関わりは深化してまいりました」との記載が確認出来ます。

塚本幼稚園ホームページ内の「御皇室・自衛隊関連行事」の項目内には「天皇皇后両陛下御奉迎」などの記載と共に写真が掲載されています。

国会での証人喚問でこの問題が指摘された直後から塚本幼稚園のホームページにはアクセスが集中しサーバーエラーを示す「503エラー」が表示され、一時的にホームページに繋がりにくい状態が続きました。

また、ツイッターには広報委員会が発行した「塚本幼稚園おかあさん新聞」の紙面を撮影した写真が投稿されており、見出しには「天皇皇后両陛下ご奉迎」と書かれ8枚の写真が掲載されているのが見てとれます。

塚本幼稚園のホームページがサーバーダウン、籠池理事長証人喚問で天皇陛下の訪問は事実と異なると指摘受けアクセス集中…Twitterの声

塚本幼稚園のホームページがサーバーダウン、籠池理事長証人喚問で天皇陛下の訪問は事実と異なると指摘受けアクセス集中

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

1 個のコメント