【脱獄iPhone販売】池田大将容疑者を逮捕=モンスターストライクのチートアプリで摘発か

【脱獄iPhone販売】池田大将容疑者を逮捕=オークションで約200台を販売、容疑認める

不正に改造したiPhone(通称:脱獄・Jailbreak)をオークションサイトで販売したとして、富山市の池田大将容疑者(24)を商標法違反の疑いで逮捕したと発表しました。これらの脱獄行為によって、ゲームアプリの不正利用などが行われてしまうということで、警察はネット販売の実態を詳しく捜査しているという。

今回の事件は、ミクシィが運営するモンスターストライク(通称・モンスト)というスマートフォン向けゲームのチートアプリが使用できることが法律に抵触し、問題視されているようです。

モンストのチート行為に限らず、他のゲームでも同様の不正行為が報告されており、チートアプリを使用することで通常ではあり得ないこと(敵を一撃で倒す・レアアイテムの取得)が起きるようになり、ゲームバランスが大きく崩れるだけではなく、一般ユーザーにも迷惑が掛かる場合もある。

運営会社でも対策を行っているが、チートを行うユーザーと運営会社との間ではいたちごっこが続いている状況です。

池田容疑者は今年の春ごろ、iPhoneの基本ソフト「iOS」を不正に改造(脱獄)したiPhone端末5台をネットオークションで販売し、販売元のアップル社の商標権を侵害した疑いがもたれている。これまでの調べで、過去1年の間に脱獄したiPhone、約200台を販売し、500万円前後の売り上げがあったとみられている。池田容疑者は、警察の調べに対し容疑を認める供述をしています。

改造したiPhoneを販売し、摘発・逮捕されるのは全国で初めてのことです。

脱獄iPhone発売で逮捕「モンスト」チートアプリで被害報告…Twitterの反応

脱獄したiPhoneを約200台販売していたとして、富山市に住む池田大将容疑者が商標法違反の疑いで逮捕されたこの事件。

ゲーム機やゲームアプリを不正に改造すると法律に触れますが、今回の脱獄iPhoneの販売は、報道の仕方を見ているとゲームアプリ「モンスターストライク」(モンスト)のチートアプリを使用可能な状態にして販売していたことにより、摘発された形のようです。

【脱獄iPhone販売】池田大将容疑者を逮捕=オークションで約200台を販売、容疑認める

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)