福岡都市高速 東浜出口付近で観光バスが分岐点に衝突する事故、バスの左側面が大破 男性運転手が体調不良訴える

福岡都市高速 東浜出口付近で観光バスが分岐点に衝突する事故、バスの左側面が大破 男性運転手が体調不良訴える

福岡市東区東浜2丁目の福岡都市高速・東浜出口付近で観光バスが本線と出口の分岐点付近に衝突する事故が3月21日早朝に発生し、事故を起こした観光バスの左側面がめくれ上がるなど激しく損傷しています。この事故の影響で福岡都市高速上り線では東浜出口を先頭に断続的に渋滞が続いています。

事故を起こした観光バスは佐賀市内のバス会社のもので、貸切バスだったという。乗客はおらず、60代の男性運転手が体調不良を訴えて病院に搬送されましたが、搬送時には意識があり「運転中に気分が悪くなった」と話していたということです。

この事故が起きたのが朝の通勤時間帯と重なった影響もあり、福岡都市高速上り線は最大で約9キロの渋滞となりました。午後2時の時点で事故車両の撤去作業が行われているため、香椎~東浜区間の上り線が通行止めとなっており、東浜出口を先頭に断続的に渋滞が続いています。

福岡都市高速1号線上り東浜出口付近で観光バスが大破する事故が発生、本線と出口の分岐点に衝突

この事故は3月21日午前8時10分頃、福岡県福岡市東区東浜2の「福岡都市高速」1号線上り東浜出口付近で大型の観光バスが本線と出口の分岐点に衝突した事故で、分岐点にぶつかったバスの左側面がめくれ上がるなど大破しました。

事故を起こした観光バスは佐賀市内のバス会社が運行してとみられています。

福岡都市高速・東浜出口付近で事故を起こした観光バスが2車線を塞ぐ形で止まったため、1号線上り線は最大で約9キロの渋滞となり、朝の通勤時間帯に大きな影響が出ました。

この観光バスには60代の男性運転手1人だけが乗っており、乗客はいませんでした。運転手の男性は「運転中に気分が悪くなった」と話しており、突発的な体調不良や病気が原因で事故を起こした可能性が高いとみて、警察が事故原因を調べています。

福岡都市高速上り線は21日午後2時現在、バスの撤去作業のため東浜出口から香椎出口の区間で通行止めとなっており、東浜出口を先頭に激しい渋滞が発生しています。この渋滞を通過するには時間が掛かる見通しだということです。

また、ツイッターには福岡都市高速の東浜出口付近を通過する際、2車線にまたがって止まっている観光バスを撮影した写真が投稿されており、通行車両は路肩を走行しているのが確認出来ます。

福岡都市高速・東浜出口付近で観光バスが分岐点に衝突する事故発生…Twitterの声

福岡都市高速 東浜出口付近で観光バスが分岐点に衝突する事故、バスの左側面が大破 男性運転手が体調不良訴える