北九州市八幡西区則松のアパートで殺人事件、木野千秋さんの首を絞め殺害した疑いで60代の母親を逮捕へ

北九州市八幡西区則松のアパートで殺人事件、木野千秋さんの首を絞め殺害した疑いで60代の母親を逮捕へ

福岡県北九州市八幡西区則松6丁目のアパートの一室で重度の知的障害がある木野千秋さんを60代の母親が首を絞めて殺害した疑いがある殺人事件があり、容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕される見通しです。娘を殺害した疑いがもたれている母親は「娘を殺した」と警察に通報しており、介護疲れによる犯行の可能性が高い。

殺害されたとみられる木野千秋さんは重度の知的障害があり、母親が長期間に渡って介護をしていたということで、介護に疲れて相談する相手もおらず殺害した見方が強い。

60代の母親は娘の木野千秋さん殺害を認めており、殺人容疑で事情を聴かれています。容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕される見通しだという。その後、事情を聴かれていた母親の木野恵子容疑者(61)が殺人容疑で逮捕されました。

母親が娘を殺害する殺人事件が起きた場所は北九州市八幡西区則松6丁目の道路沿いに建つコンビニ「ローソン八幡則松六丁目店」の裏手に位置するアパートで、JR折尾駅から南東に約1キロ離れた住宅街の一角とみられています。

北九州市八幡西区則松6丁目のアパートで殺人事件、重度の障害がある娘の木野千秋さんを殺害した疑いで60代の母親を逮捕へ

この殺人事件は3月20日午後6時45分頃、福岡県北九州市八幡西区則松6丁目の2階建てアパートの一室で母親の木野恵子(きのけいこ)容疑者(61)が娘の木野千秋(きのちあき)さん(36)の首を絞めて殺害した疑いがもたれている事件で、容疑が固まり次第殺人容疑で逮捕する方針を固めています。

殺害された木野千秋さんは生まれつき重度の知的障害があり、首を絞めて殺した母親が介護していたという。事件直後、警察に「娘を殺した」と通報があり事件が発覚。駆け付けた警察官がこの部屋で母親と同居していた木野千秋さんが死亡していた。

警察の調べに対して「娘は介護が必要だったが、相談する相手がおらず思い詰めて殺してしまった」と話し、娘を殺害したことを認めているという。警察が事件現場に居た母親から事情を聴いていますが、容疑が固まり次第逮捕する方針だという。

現在までに明らかになっている情報によると、殺害された木野千秋さんの介護疲れから殺害した可能性が高いとの見方が強く、調べが進んでいましたが、3月21日未明に殺人容疑で逮捕されました。

殺人事件が起きたアパートの外観:北九州市八幡西区則松6丁目
(殺人事件が起きたアパートの外観:北九州市八幡西区則松6丁目)

北九州市八幡西区則松のアパートで殺人事件、木野千秋さんの首を絞め殺害した疑いで60代の母親を逮捕へ…Twitterの声

北九州市八幡西区則松のアパートで殺人事件、木野千秋さんの首を絞め殺害した疑いで60代の母親を逮捕へ

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)