大阪府八尾市宮町で殺人未遂事件、小塚博義容疑者が知人女性をマンション駐輪場で刺し殺そうとした疑いで逮捕

大阪府八尾市宮町で殺人未遂事件、小塚博義容疑者が知人女性をマンション駐輪場で刺し殺そうとした疑いで逮捕

大阪府八尾市宮町2丁目のマンション「川端マンション」の駐輪場で小塚博義(こづかひろよし)容疑者が知人の内田加津美さんの左胸をサバイバルナイフで刺して殺害しようとする殺人未遂事件があり、自宅を訪れた警察官に殺人未遂容疑で逮捕されました。小塚博義容疑者の自宅からは血の着いたサバイバルナイフが押収されています。

内田加津美さんをサバイバルナイフで刺し殺そうとした疑いで逮捕された小塚博義容疑者は警察に対し、「(刺した女性とは)交際関係にあった」と話していますが、2人の関係は不明。さらに、「内田加津美さんを殺して自分も死のうと思った」と無理心中を図ろうとした疑いもあります。

サバイバルナイフで左胸を刺されて病院に搬送された女性は傷が肺に達するなど重傷を負っており、集中治療室で治療を受けているということです。

大阪府八尾市宮町2丁目の川端マンション駐輪場で殺人未遂事件、小塚博義容疑者を殺人未遂容疑で逮捕

この殺人未遂事件は3月20日午後10時35分頃、大阪府八尾市宮町2丁目のマンション「川端マンション」の駐輪場でこのマンションの2階に住む内田加津美(うちだかずみ)さん(61)が左胸を刃物で刺されて倒れていた事件で、内田加津美さん自身から「知人にナイフで刺された」と警察に通報があったものです。

通報で駆け付けた警察官が駐輪場で血を流して倒れているのを見つけ、ナイフで刺された女性が警察官に小塚博義容疑者の名前と住所を伝え、その後の捜査で東大阪市新上小阪在住の建設作業員・小塚博義(こづかひろよし)容疑者(65)の部屋を訪れた際、室内から血の着いた刃渡り15.5センチのサバイバルナイフが見つかったため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

さらに、小塚博義容疑者は「(内田加津美さんとは)交際関係にあった」と話す一方で、「内田さんを殺して自分も死のうと思った」などと供述している。サバイバルナイフで左胸を刺された内田加津美さんの傷は肺まで達するなどの重傷を負い、集中治療室(ICU)で治療を受けています。

殺人未遂容疑で逮捕された小塚博義容疑者の供述などから、2人の間には交際を巡るトラブルがあった可能性があるとみて、警察が事件の経緯や犯行動機について捜査を進めています。

小塚博義容疑者が内田加津美さんを刺した場所は大阪府八尾市宮町2丁目6−14の3階建てマンション「川端マンション」の駐輪場とみられており、近鉄大阪線の沿線から北に2本目の通りに建つマンションです。

殺人未遂事件が起きた大阪府八尾市宮町2丁目のマンション
(殺人未遂事件が起きた大阪府八尾市宮町2丁目のマンション)

大阪府八尾市宮町で殺人未遂事件、小塚博義容疑者が知人女性をマンション駐輪場で刺し殺そうとした疑いで逮捕…Twitterの声

大阪府八尾市宮町で殺人未遂事件、小塚博義容疑者が知人女性をマンション駐輪場で刺し殺そうとした疑いで逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)

コメントをどうぞ

お名前欄が空欄だと匿名になります。
コメントは承認後の公開となります。