三重県いなべ市のトヨタ車体いなべ工場で火事・火災発生、アルファードとヴェルファイアの製造工場4階から出火

三重県いなべ市のトヨタ車体いなべ工場で火事・火災発生、アルファードとヴェルファイアの製造工場4階から出火

三重重県いなべ市員弁町のトヨタ車体いなべ工場の第2工場4階から出火した火事・火災が3月20日夕方にあり、消防車14台が出動して出火から約3時間後に概ね鎮火しました。この工場ではトヨタ自動車の高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を専用ラインで製造しており、この火事で2車種の製造にも影響が出る見通しだという。

この工場火災は従業員約800人が作業中の三重重県いなべ市員弁町「トヨタ車体」いなべ工場の第2工場4階にある塗装工程のある部署から出火し、4階の一部約400平方メートルが焼けました。トヨタ車体によると被害状況を確認してから今後の工場操業について検討するという。

また、この工場で専用ラインによって製造されていたアルファード・ヴェルファイアの2車種の生産・納車にも影響が出る見通しで、トヨタ車体いなべ工場に勤務する従業員らの勤務にも影響が発生する可能性があるが、詳細は明らかになっていません。

幸いにもこの火事でのけが人はいなかったということで、出火原因の調査が行われています。

三重県いなべ市員弁町のトヨタ車体で工場火災発生、工場4階から出火

この火事は3月20日午後5時半過ぎ、三重重県いなべ市員弁町市之原10のトヨタ車体いなべ工場の4階から出火した火事で、従業員から「黒煙が上がっている」と消防に通報があり、消防車14台が出動して消火活動にあたったものです。

この火事で出火当時、工場内で作業を行っていた約800人の従業員は避難してけが人はおらず、工場内にいた関係者は建物外に避難して無事でした。火事で一部が燃えたトヨタ車体いなべ工場第2工場は4階建てで1階が組み立て工程、2階から4階が塗装工程となっています。

4階の約1万6500平方メートルは無人で熱風による乾燥炉があります。火は約3時間後の午後8時40分頃に概ね鎮火されましたが、午後7時15分頃に消防から危険防止のため第2工場の使用停止命令が出されています。

火事で工場施設内が燃えたトヨタ車体いなべ工場ではトヨタ自動車の高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」2車種の生産・製造が専用ラインで行われており、工程が特殊な上、2車種の全てを生産していることから別の工場に生産ラインを移すことは難しいとのことで、アルファード・ヴェルファイアの製造・納車にも影響が出る見通しだという。

トヨタ車体はトヨタ自動車の完全子会社で、火災が発生したいなべ工場は約80万平方メートルの敷地内に第1・2工場と部品、成形の4つの工場があり、2300人前後の従業員が働いている。

トヨタ車体ではこの工場火災の被害状況を見て今後の工場操業の対応を決めるとのことで、工場で働く従業員らの出勤・勤務にも影響があると思われます。

三重県いなべ市トヨタ車体の工場で火事・アルファード&ヴェルファイアの製造・納車に影響
(三重県いなべ市トヨタ車体の工場で火事・アルファード&ヴェルファイアの製造・納車に影響)

また、ツイッターには火災が発生した重重県いなべ市員弁町のトヨタ車体いなべ工場から煙が上がっている様子や通報で駆け付けた消防車を撮影した動画や写真が投稿されています。

三重県いなべ市のトヨタ車体いなべ工場で火事・火災発生…Twitterの声

三重県いなべ市のトヨタ車体いなべ工場で火事・火災発生、アルファードとヴェルファイアの製造工場4階から出火

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)