ディズニーランドの汚水処理施設でえい児の遺体発見、TDL園内のトイレから流れ込んだ可能性が高いとみて捜査

ディズニーランドの汚水処理施設でえい児の遺体発見、TDL園内のトイレから流れ込んだ可能性が高いとみて捜査

千葉県浦安市の「東京ディズニーランド」(TDL)に隣接する汚水処理施設内のろ過装置部分で生後間もないえい児の遺体が見つかる事件があり、警察が園内のトイレなどから施設内に流れ込んだ可能性が高いとみて捜査を進めています。えい児の遺体は15~20センチくらいで出産後間もなく、園内トイレで流産した可能性もあるという。

3月16日午後に遺体が見つかった施設はディズニーランドから流れてくるトイレの汚水などを処理する水処理施設で、TDLが管理しており定期点検を委託していた業者の作業員が遺体を見つけたという。

この施設は普段から施錠されている上、前日の15日午前に点検した時には異常がなかったということから、15日午後から16日午前の間にえい児の遺体が流れ込んだ可能性が高い。現在までに園内トイレで出産や流産した形跡は見つかっていないというが、この施設にはディズニーランドの汚水しか流れ込まないということで、トイレから遺棄されたとみて警察が捜査を進めています。

この事件で容疑者が特定されれば殺人や死体遺棄容疑で逮捕される可能性が高い。

TDL(東京ディズニーランド)の汚水処理施設で20センチ前後のえい児の遺体見つかる、園内トイレから流れ込んだ可能性を視野に捜査

えい児の遺体の見つかったこの事件は3月16日午後1時50分頃、千葉県浦安市舞浜1丁目の「東京ディズニーランド」(TDL)に隣接する汚水処理施設で15~20センチくらいの遺体(えい児)が見つかったもので、定期点検していた委託業者の従業員から「えい児の死体のようなものを見つけた」とディズニーランド職員を通じて警察に通報があり発覚したという。

通報で駆け付けた警察員が確認したところ、生後間もないえい児の遺体を発見し、大きさは手のひらぐらいで15センチから20センチくらいだったという。

えい児の遺体が見つかった施設はディズニーランド園内から流れ込む汚水を処理するための施設で、ディズニーランドが管理しており普段から施錠されている場所で一般の入園者が立ち入ることは出来ない構造になっているということです。

警察は見つかった遺体が出産されてから間もないとみており、出産の経緯などについて調べを進める方針。現在までにディズニーランド園内のトイレでえい児を産み落としり流産したような形跡が見つかっていないことから、汚水処理施設にえい児の遺体が流れ込んだ経緯を調べると共に、園内の防犯カメラ映像の解析や周辺の病院への聞き込みなどの捜査を行う方針だという。

また、近日中にも遺体の司法解剖を行い死因を特定する予定。この施設は遺体が見つかる前日の3月15日午前11時過ぎにも点検されているが、その際はえい児が見つかったろ過装置部分に異常はなかったということです。

赤ちゃんの遺体が見つかった東京ディズニーランド併設の汚水処理施設
(赤ちゃんの遺体が見つかった東京ディズニーランド併設の汚水処理施設)

東京ディズニーランドの汚水処理施設でえい児の遺体発見…Twitterの声

ディズニーランドの汚水処理施設でえい児の遺体発見、TDL園内のトイレから流れ込んだ可能性が高いとみて捜査

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)