埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校で素行に問題がある生徒の名前・住所・顔写真などの個人情報を名簿化、SNSに流出

埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校で素行に問題がある生徒の名前・住所・顔写真などの個人情報を名簿化、SNSに流出

埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校で素行に問題がある生徒らの個人情報が掲載された名簿を学校側が作成し、「非行防止ネットワーク会議」に参加した17人に配布していたことが明らかになりました。資料には1年から3年の中学生13人の名前や住所、うち5人は顔写真付きの個人情報が掲載されていたという。名簿に載った生徒の母親の指摘で発覚しました。

個人情報が記載された資料に載っていた中学生は非行などの問題がある生徒や素行に問題がある生徒ら13人。うち5人は顔写真と共に「暴力的な言葉を使う」などと学校での問題行動が書かれていたということです。

会議で配布された資料は17人中15人が持ち帰り、資料を撮影した写真が後日、SNSに投稿されるなどして個人情報が流出しました。

熊谷東中学校の西博美校長は「個人情報の取り扱いが不適切だった」とコメントした上で3月中にも保護者説明会を開き謝罪する意向を示しています。

市立熊谷東中学校で非行生徒の名簿が配布されSNSに流出、中学生13人の名前・住所が名簿化され5人は顔写真付きで流出

この個人情報流出事件は今年1月、埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校(生徒数525人)で行われた会議の場で、学校に通う中学生のうち素行に問題がある生徒(非行生徒)13人の名前や住所が書かれた名簿が配布されており、このうち5人は顔写真付きでリストが作成されたいたことが明らかになりました。

中学生の個人情報が書かれた名簿が配布されていたのは、地域の自治会長らを集めて行われた「非行防止ネットワーク会議」の場で、市立熊谷東中学校では2015年から年2回会議を開いていたという。今年1月の会議には自治会長、民生委員、同校のPTA会長のほか市教委職員や熊谷警察署員など計17人が出席。

素行に問題があるとされる地域サポートが必要な生徒の個人情報を記載・名簿化し、会議参加者17人に配布しこのうち15人が名簿を持ち帰ったという。

その会議の翌日、名簿に名前が載った生徒の母親が学校側に抗議したことで事実が発覚。さらにSNS上に資料を撮影した写真が投稿されるなど、中学生13人の個人情報がネット上に流出し問題となったものです。

会議に参加した人によると、名簿には「先生が注意すると突然キレ出す生徒」などの補足付きで名前や住所が書かれていたということで、熊谷東中学の西博美校長は「個人情報の取り扱いが不適切だった」とコメントした上で3月中にも保護者説明会を開き謝罪する意向を示している。

また、西博美校長は名簿を作成した理由について「地域ぐるみで見守る必要がある生徒」を共有し地域でサポートしていく必要だったと話しています。

埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校で素行に問題がある生徒の名前・住所・顔写真などの個人情報を名簿化…Twitterの声

[ad-4]
埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校で素行に問題がある生徒の名前・住所・顔写真などの個人情報を名簿化、SNSに流出

3 件のコメント

  • 熊谷東中学校はもう春休みですが校長と教師が問題の生徒を写真付の学校新聞をクラス全体に配りはじをさらした生徒はもう学校にこないあと他の学校に転校する熊谷東中学校は問題だらけこの学校はイカれてる熊谷東中学校は震災いじめやいじめをやっていたねわかるよ問題の生徒を写真付の学校新聞でやるぐらいだからこの学校はいじめがあっても知らん顔をしていたよ

  • 今話題の森友学園の塚本幼稚園と同じことして楽しいかい全国の学校はアホなことしてお前ら教師の給料は国民や市民や保護者が働いて税金を納めてお前ら教師や校長の給料になる教師の給料は18万円までカットするいいね

  • 問題の生徒を写真付のポスタを貼ると校長はズバリバカでしょう横浜の保土ヶ谷中学校でも同じようにやりました昔ですが問題の生徒や落ちこぼれの生徒の写真付きポスタを学校の校舎に張られたことがある