KITTE博多元館長の立原英樹容疑者が別のわいせつ事件で逮捕=今年8月の強制わいせつ事件は示談成立で不起訴

KITTE博多元館長の立原英樹容疑者が別のわいせつ事件で逮捕

日本郵政社員でKITTE博多(キッテ博多)の元館長だった立原英樹容疑者(47)を約5年前の2011年に起きた強制わいせつ事件の容疑者として逮捕された。立原英樹容疑は今年8月の逮捕に続いて、2件目となる強制わいせつ容疑での逮捕となる。

逮捕容疑は、立原容疑者が2011年6月2日の午後1時半頃、福岡市南区で、当時10代の女子大生に声をかけ、腕をつかんでアパート敷地内に連れ込み、抱き付いてキスをしたり胸を触ったりした疑いがもたれています。当時、この2人に面識はなかったという。

9月28日に逮捕された立原容疑者は警察の調べに対し、「全く身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

立原容疑者は今年8月に別の強制わいせつ事件で逮捕されたが、その後に被害者と示談が成立し、不起訴処分になっていた。

KITTE博多を運営する日本郵政は「社員が世間をお騒がせし、誠に申し訳ない」とコメントしている。日本郵政は立原容疑者が今年8月に逮捕されたことをうけ、立原容疑者をKITTE博多館長から異動させたが、現在の所属については明らかにされていません。

KITTE博多はJR博多駅に隣接する大型商業施設で、今年4月21日にオープンしたばかりの施設。キャッチコピーは「いい休憩をしよう」

立原英樹容疑者、今年8月にも強制わいせつ事件で逮捕

逮捕容疑は8月6日午前2時20分頃、福岡市博多区の路上で21歳の派遣社員の女性に「遊びにいこう」と声を掛けましたが、女性が立ち去ろうとしたため、追い掛けて抱き付き、胸をわし掴みにして女性が大声を出したため、逃走したが約15分後、通報を受け駆け付けた警察官に発見され、翌8月7日に強制わいせつの疑いで逮捕されています。

その後、8月の事件で被害を受けた被害者と示談が成立し、不起訴処分になっていた。

立原英樹容疑者が館長を務めていたKITTE博多

立原容疑者は福岡県福岡市博多区博多駅中央街9の「KITTE博多(キッテ博多)」で館長を務めていましたが、今年8月に起こしたわいせつ事件の後、他の部署に異動させられている。KITTE博多はJR博多駅に隣接する大型照合施設です。

今年8月に起こした強制わいせつ事件は被害者と示談が成立し、不起訴となっていましたが、5年前の強制わいせつ事件の容疑者として29日、逮捕されました。

日本郵政は8月の事件後、KITTE博多の館長から異動させているが、立て続けでの逮捕ということもあり、地元の方を中心に衝撃を与えています。

KITTE博多元館長の立原英樹容疑者が別のわいせつ事件で逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)