小泉里紗容疑者が生後2ヶ月の長男・俊介くんの首を絞めて殺害した殺人事件で母親を逮捕、子育ての自信がなくなったと供述

小泉里紗容疑者が生後2ヶ月の長男・俊介くんの首を絞めて殺害した殺人事件で母親を逮捕、子育ての自信がなくなったと供述

東京都調布市東つつじヶ丘2丁目の実家で殺人事件があり、32歳の母親が長男の首を絞めて殺害した殺人容疑で逮捕されました。3月11日に逮捕されたのは子供の母親・小泉里紗(こいずみりさ)容疑者で、帰省先の実家で生後2ヶ月の長男・小泉俊介くんの首を絞めて殺害した疑いがもたれています。

小泉里紗容疑者は昨年8月頃から出産準備のために父親と母親が住む調布市東つつじヶ丘の実家に帰省しており、両親に子育てを手伝って貰っていた模様。

逮捕された母親は警察の調べに対し「子育てをしていく自信がなくなった」と供述し、逮捕容疑を認めている。警察は今後、母親の刑事責任能力の有無を調べる方針だということで、育児疲れによる犯行の可能性も視野に捜査が進められる予定です。

東京都調布市東つつじケ丘の実家で生後2ヶ月の子供・小泉俊介くんの首を絞めた疑い、殺人容疑で母親の小泉里紗容疑者を逮捕

この殺人事件は3月10日午後、川崎市麻生区在住の無職・小泉里紗(こいずみりさ)容疑者(32)が東京都調布市東つつじケ丘2丁目の実家で生後2ヶ月の長男の小泉俊介くんの首を絞めて殺害した疑いがもたれているものです。母親は3月11日に殺人容疑で逮捕され「子育てをしていく自信がなくなった」と逮捕容疑を認める供述をしているという。

逮捕された小泉里紗容疑者は昨年8月頃から出産に備えて調布市東つつじヶ丘の実家に帰省しており、出産後は70歳の父親と65歳の母親と共に暮らして子育てを手伝って貰っていたという。

事件が起きた10日は父親と母親は外出しており、家の中には小泉里紗容疑者と殺害された長男の俊介くんの2人きりで居たということで、午後7時20分頃に外出先から帰宅した母親が2階のベッドに倒れている俊介くんを見つけ、近くにいた小泉里紗容疑者と共にタクシーで市内の病院に運んだが、間もなく死亡が確認された。

逮捕容疑は3月10日午後1時半頃から午後7時20分頃にかけて長男の首を絞めて殺害した疑い。警察の調べに対して容疑を認める供述をしており、事件の経緯や母親の刑事責任能力の有無などを調べる方針だということです。

殺人事件が起きた住宅の外観:東京都調布市東つつじケ丘2丁目
(殺人事件が起きた住宅の外観:東京都調布市東つつじケ丘2丁目)
小泉里紗容疑者が生後2ヶ月の長男・俊介くんの首を絞めて殺害した殺人事件で母親を逮捕、子育ての自信がなくなったと供述

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)