東京都稲城市押立で殺人未遂事件、妹の白岡経子容疑者が55歳の姉の腹や胸を果物ナイフで刺した疑いで逮捕

東京都稲城市押立で殺人未遂事件、妹の白岡経子容疑者が55歳の姉の腹や胸を果物ナイフで刺した疑いで逮捕

東京都稲城市押立の2階建て住宅で47歳の妹・白岡経子(しらおかつねこ)容疑者が55歳の妹を果物ナイフで刺した殺人未遂(傷害)事件があり、腹や胸をナイフで刺された姉は病院に搬送されましたが重傷です。警察は現場にいた妹の白岡経子容疑者を傷害容疑で逮捕し「姉を果物ナイフで刺した」と犯行を認める供述をしているという。

3月6日午後に事件が起きた後、ナイフで刺された姉の息子から「母が刺された」と警察に通報があり事件が発覚。警察官が事件現場の住宅に駆け付けた際、玄関の前で腹や胸を刺されて血を流して倒れている55歳の姉を発見。近くにうずくまっている妹の白岡経子容疑者が犯行を認めたため、傷害容疑で現行犯逮捕されました。

警察が事件当時の状況や経緯について詳しく調べていますが、姉と妹の間には家族トラブルがあったとみられており、動機について追及する方針で殺人未遂の疑いも視野に捜査が進んでいます。

この殺人未遂事件が起きた住宅の場所は東京都稲城市押立856付近の道路に面した2階建て住宅で、近くには中華料理店がある場所とみられています。

東京都稲城市押立の住宅で妹の白岡経子容疑者が55歳の姉を果物ナイフで刺す殺人未遂事件、傷害容疑で現行犯逮捕

この殺人未遂事件(傷害事件)は3月6日午後0時20分過ぎ、東京都稲城市押立の住宅で狛江市岩戸北在住の無職で被害者女性の妹・白岡経子(しらおかつねこ)容疑者(47)が55歳の姉の腹や胸を果物ナイフで刺した傷害容疑で逮捕された事件です。

6日午後に「母が刺された」と女性の息子から警察に通報があり、駆け付けた警察官が玄関前で血を流している姉の女性を発見。病院に搬送されましたが、腹や胸を刺されており重傷だという。

その後、現場にいた妹の白岡経子容疑者を傷害容疑で現行犯逮捕した。逮捕された妹は警察の調べに対し「果物ナイフで姉を刺したのは間違いない」と話している。

逮捕された妹・白岡経子容疑者とナイフで刺された55歳の妹の間には家族トラブルがあったとみられており、警察が殺人未遂の疑いでも動機などについて捜査を進める方針とのことです。

事件が起きた住宅は南武線・稲城長沼駅から北東約1キロの住宅街の一角で、東京都稲城市押立856付近の道路に面した2階建て住宅で近くには中華料理店がある場所とみられています。

妹が姉を刺す殺人未遂事件が起きた現場住宅:東京都稲城市押立
(妹が姉を刺す殺人未遂事件が起きた現場住宅:東京都稲城市押立)

東京都稲城市押立で殺人未遂事件、妹の白岡経子容疑者が55歳の姉の腹や胸を果物ナイフで刺した疑いで逮捕…Twitterの声

東京都稲城市押立で殺人未遂事件、妹の白岡経子容疑者が55歳の姉の腹や胸を果物ナイフで刺した疑いで逮捕

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)