東京都大田区で職務質問した男が車で逃走しビルから飛び降り自殺し死亡した事件、交通事故を起こし逃走した男とは?

東京都大田区で職務質問した男が車で逃走しビルから飛び降り自殺し死亡した事件、交通事故を起こし逃走した男とは?

東京都大田区平和島5丁目の路上で職務質問した30代の男(氏名不詳)が現場から逃走する事件があり、男は港区海岸3丁目の道路上を逆走して車4台が絡む事故を起こした後、乗っていたワゴン車を乗り捨てて逃げたビルの2階から飛び降りて死亡しました。警察が男の逃げた動機や事件の経緯について詳しく調べています。

この事件で職務質問の現場から逃走して約10キロ離れた港区海岸3丁目の道路を逆走して車4台が絡む事故を起こして女性1人に軽傷を負わせた疑いがもたれているほか、大田区平和島5丁目の路上から逃げる時に窓際を掴んだ警察官を振り切って逃げた際、この男性巡査の頭や膝などに軽傷を負わせた疑いももたれています。

しかし、逃走を続けた30代の男は事故を起こした先の周辺にあったビルの外階段を上がり、2階から飛び降りて搬送先の病院で死亡が確認されています。飛び降り自殺を図ったのか逃走のために飛び降りたのかは不明です。

この東京大田区平和島5丁目の路上から逃げた男が事故を起こした上でビルから飛び降りて死亡した事件に関して、死亡した男の名前など続報や詳細情報があれば追って更新していく予定です。

東京都大田区で職務質問した30代の男が交通事故を起こしながら逃走しビル2階から飛び降り自殺を図り死亡する事件

この事件は2月28日午後2時頃、東京都大田区平和島5丁目の路上で警察官に職務質問されていた30代の男が乗っていたワンボックスカーが突然発進し逃走したものです。現場に居合わせた警察官(男性巡査)が逃げた車の窓枠を掴み約20メートルに渡って追いかけましたが、振り切られて逃走され、男性巡査が頭や膝などに軽傷を負いました。

自殺した男が職務質問を受けた事件現場:東京都大田区平和島5丁目
(自殺した男が職務質問を受けた事件現場:東京都大田区平和島5丁目)
男が逃走して事故を起こした東京都港区海岸3丁目の路上
(男が逃走して事故を起こした東京都港区海岸3丁目の路上)

現場から逃げた男は運転するワンボックスカーで逃走を続け、約10キロ離れた港区海岸3丁目道路を逆走し、前から走ってきた乗用車と衝突するなど車4台が絡む事故を起こし、車に乗っていた女性1人に軽傷を負わせた上で車を乗り捨てて逃走を続けました。その後、近くのビルに逃げ込んで外階段2階部分から飛び降りて病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました

男が事故後に逃走して飛び降り自殺を図ったビル前の路上
(男が事故後に逃走して飛び降り自殺を図ったビル前の路上)

逃走しようとして2階から飛び降りたのか、飛び降り自殺を図ったのかは現在までに明らかになっていませんが、職務質問した警察官は大田区平和島5丁目の路上で所持品を確認しようとして声を掛けたところで車を急発進させて逃げたとみられています。

警察は現場から逃げた30代の男が逃げた理由・動機について調べを進めると共に、事件の経緯について詳しく調べる方針だということです。

現在までに逃げた男の名前や住所は公表されていません。

東京都大田区で職務質問した男が車で逃走しビルから飛び降り自殺し死亡した事件、交通事故を起こし逃走した男とは?