静岡市駿河区丸子の建設会社「山大産業」の社員寮が全焼する火事・火災、焼け跡から男性従業員2人の遺体発見

静岡市駿河区丸子の建設会社「山大産業」の社員寮が全焼する火事・火災、焼け跡から男性従業員2人の遺体発見

静岡県静岡市駿河区丸子1丁目の建設会社「山大産業」の木造2階建ての社員寮から出火した火事・火災が2月28日未明にあり、焼け跡から60代と70代の男性従業員とみられる2人の遺体が見つかり、警察が身元確認を進めています。この火事で社員寮の約160平方メートルが全焼したほか、隣接する5棟などに延焼し一部が焼ける被害が出ています。

警察と消防が出火原因を調べていますが、男性従業員から「台所が燃えている」と消防に通報があったことなどから、社員寮の部屋で料理を作っていたところ、出火したとみて詳しい調べが進んでいます。この寮には山大産業の男性従業員5人が住んでいましたが、3人が避難して無事だった一方、遺体で見つかったと思われる従業員2人が死亡したとみられています。

火災現場はJR東海道線安倍川駅の北西に約900メートル離れた住宅街の一角です。

静岡市駿河区丸子1丁目の建設会社「山大産業」の社員寮で住宅火災発生、焼け跡から従業員2人の遺体が見つかる

この火事は2月28日午前2時頃、静岡県静岡市駿河区丸子1丁目の建設会社「山大産業」の社員寮から出火した住宅火災で、木造2階建ての社員寮約160平方メートルが全焼したほか、近隣の住宅と空き家など合わせて5棟にも延焼し一部が焼けたということです。「社員寮の台所付近が燃えている」という住人からの通報から約1時間40分後に鎮火しました。

火事で全焼した社員寮には山大産業の男性従業員5人が住んでおり、このうち3人は火が出てから逃げ出しており無事が確認されています。焼け跡から2人の遺体が見つかっており、連絡が取れていない60代と70代の男性従業員が火事に巻き込まれて死亡した可能性が高いとみて、身元の確認を急いでいます。

この社員寮の場所はJR東海道線安倍川駅の北西に約900メートル離れた住宅街の一角で、近くに住む人によると「火元は社員寮1階の部屋だと思う」「屋根から約3メートルほど火柱が立っていた」などと話しているということです。

ツイッターには火災現場の社員寮が燃えている様子を撮影した動画や写真が投稿されており、かなり激しく燃えているのが確認出来ます。

静岡市駿河区丸子の建設会社「山大産業」の社員寮が全焼する火事・火災発生…Twitterの声

静岡市駿河区丸子の建設会社「山大産業」の社員寮が全焼する火事・火災、焼け跡から男性従業員2人の遺体発見