九州自動車道の事故でトラックと軽自動車が激しく燃える、5台が絡む事故で男性1人が死亡し1人重傷 7人軽傷の被害

九州自動車道の事故でトラックと軽自動車が激しく燃える、5台が絡む事故で男性1人が死亡し1人重傷 7人軽傷の被害

熊本県益城町の九州自動車道・熊本ICと益城熊本空港IC間の下り線で大型トラック2台と軽自動車3台の5台が絡む多重追突事故が2月28日早朝に発生。大型トラックと軽ワゴン車が激しく燃える事故となりました。この事故で60台の男性1人が死亡したほか、男性1人が意識不明の重体で病院に搬送されました。

警察が事故原因を調べていますが、最初に大型トラックが前を走っていた車に追突し、後続の車が次々と衝突したとみられています。事故の衝撃で大型トラックと軽ワゴン車から出火し炎上するなど規模の大きい事故となりました。

この事故の影響で九州自動車道下り線・熊本ICから益城熊本空港IC間で交通規制が行われており、周辺の道路も渋滞しているということです。

九州自動車道下り線でトラック2台と軽自動車3台の5台が絡む事故、トラックなど炎上し男性1人が死亡

この事故は2月28日午前7時半頃、熊本県益城町の九州自動車道・熊本インターチェンジ(IC)と益城熊本空港インターチェンジ(IC)間の下り線で大型トラックが前の車に追突し、後続の車が次々に衝突した交通事故(多重追突事故)です。その後、「トミシマ」と側面に書かれた大型トラック1台と軽ワゴン車1台がそれぞれ炎上し、一時激しく燃えたものです。

この事故で車の運転手と同乗していた合わせて9人のうち、60台の男性1人が死亡し男性1人が意識不明の重体で病院に搬送されたほか、ほかの7人が軽傷を負っています。

事故の影響で九州自動車道下り線・熊本ICから益城熊本空港IC間が通行止めになりましたが、その後、片側車線の規制に変更され事故処理が続いています。

事故現場の九州自動車道下り線・熊本IC~益城熊本空港IC間
(事故現場の九州自動車道下り線・熊本IC~益城熊本空港IC間)

また、ツイッターには事故直後に撮影されたと思われる激しく燃えるトラックの様子を撮影した写真が投稿されています。

九州自動車道の車5台が絡む追突事故でトラックと軽自動車が激しく燃える…Twitterの声

九州自動車道の事故でトラックと軽自動車が激しく燃える、5台が絡む事故で男性1人が死亡し1人重傷 7人軽傷の被害