東京文京区のフルヤ靴店に車が突っ込み男性死亡、事故原因は?

東京文京区のフルヤ靴店に車が突っ込み男性死亡、事故原因は?

9月26日午後0時半前、東京都文京区大塚の片側3車線の都道と区道の交差点付近で、道路脇にある靴販売店「フルヤ靴店」に軽ワゴン車(軽貨物自動車)が突っ込む事故が発生しました。

この事故で、自転車に乗って店舗前の歩道で信号待ちをしていた、近くに住む田中昇さん(32)が事故に巻き込まれ、病院に搬送されましたが、間もなく死亡が確認されました。警察が死亡事故として、当時の状況などを調べている。また、27日午前0時現在、軽ワゴン車を運転していた男性の名前などは公表されていません。

この事故が起きた原因は、車線変更を行う際に左の後輪タイヤがパンクし、車がコントロール出来なくなったことが原因とみられており、車を運転していた男性運転手も同様の証言をしています。

男性が信号待ちをしていた場所は事故のあったフルヤ靴店のすぐ前の交差点で、かなりのスピードで突っ込んできた車を避けきれず、事故に巻き込まれたものとみられています。

車が突っ込んだフルヤ靴店の入り口付近のガラスは割れ、周囲にはガラスと靴が飛び散っています。

事故のあったフルヤ靴店(東京都文京区大塚)の現場と周辺地図

事故が起きた場所は東京メトロ有楽町線東池袋駅から南東に約500メートルの場所にあるフルヤ靴屋という靴販売店。現場は東京都文京区大塚の片側3車線の都道と区道の交差点付近で、ゆるやかな右カーブとなっている場所です。

東京・文京区にあるフルヤ靴店に軽自動車が突っ込んだ際、歩道で信号待ちをしていた男性が巻き込まれ死亡した事故が起きました。

事故を起こした男性運転手は、事故原因について「車線変更の際にタイヤがパンクしスリップした」と説明している。原因を聞く限りだと故意的に起きた事故ではありませんが、一人の男性が死亡してしまっただけに、運転手に対して何らかの処罰があると思われます。

東京文京区のフルヤ靴店に車が突っ込み男性死亡、事故原因は?

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)