修明高校の殺人未遂事件で高校生2年の男子生徒を殺人未遂容疑で逮捕、男性職員・司書を金づちで殴り包丁で切りつけた疑い

修明高校の殺人未遂事件で高校生2年の男子生徒を殺人未遂容疑で逮捕、男性職員・司書を金づちで殴り包丁で切りつけた疑い

福島県棚倉町の県立修明高校で起きた殺人未遂事件で、高校2年の男子生徒(男子高校生)が40代の高校職員で図書室司書の男性を持参した金づちで頭を殴られ包丁で切りつけ殺害しようとした殺人未遂容疑で逮捕されました。男子生徒は遅刻して投稿しており、声を掛けた男性職員を襲っており、警察の調べに「誰でも良かった」と供述しているという。

この殺人未遂事件に関して、犯行動機など警察が詳しく調べていますが、逮捕された高校2年の男子生徒と40代の男性職員の間にトラブルは確認されておらず、男子生徒が「誰でも良かった」と供述していることから、金づちと包丁で襲う相手は誰でも良かった可能性も浮上しています。

殺人未遂事件が起きた修明高校では事件が起きたことを受け、2月24日の授業を中止し登校していた1年と2年の全校生徒を全校集会を開いた後で下校させる対応を取っています。

逮捕された高校生や被害に遭った男性職員の名前など事件の詳しいことは公表されておらず、さらに詳しい事件の続報や詳細情報があれば追って更新していく予定です。

福島県立修明高校で切りつけ事件発生 男子生徒が40代の男性教師を切りつけた疑い、2人を病院に搬送

2017.02.24

福島県棚倉町の県立修明高校で殺人未遂事件発生、高校2年の男子生徒を殺人未遂容疑で逮捕

この殺人未遂事件は2月24日午前9時頃、福島県南部の福島県棚倉町棚倉東中居の県立修明高校で2年生の男子生徒(17)が高校職員で図書室司書の40代の男性の頭を金づちで殴り包丁で切りつけて重傷を負わせた事件で、17歳の男子生徒が殺人未遂容疑で逮捕された事件です。

殴られ切りつけられた職員の男性は白河市内の病院に搬送され、頭を数針縫う傷や打撲を負ったということで、事件を起こした2年の高校生はこの日、登校時間を過ぎた午前8時50分頃に遅刻して登校してきており、1時間目の授業に遅刻してきたことを心配した男性職員が校舎2階の廊下で「どうしたの」と声をかけたところ、無言で金づちを手に殴りかかったという。さらに揉み合いになり、持っていた包丁で切りつけ殺害しようとした疑いがもたれている。

高校の校舎内で殺人未遂が起きた福島県立修明高校:福島県棚倉町棚倉東中居63
(高校の校舎内で殺人未遂が起きた福島県立修明高校:福島県棚倉町棚倉東中居63)

男性職員を殺そうと襲いかかった男子生徒は現場から走って逃走したが、被害に遭った男性職員が火災報知器を鳴らし、駆け付けた職員らによって1階昇降口付近の廊下で取り押さえられた後に警察に通報があり事件が発覚しました。

警察のこれまでの調べで、犯行に使われた凶器(金づちと包丁とみられる刃物)は男子生徒が登校時に持ち込んだものとみられていますが、この男子生徒に関しては高校内で事件に繋がるようなトラブルや襲われた男性職員との間にトラブルが無かったことが分かっています。

警察が事件当時の状況や事件のいきさつ、男子生徒が男性職員を襲った理由(犯行動機)について捜査を進めていますが、詳しいことは明らかになっておらず、高校2年の男子生徒がなぜ男性職員を殺害しようとしたのかが事件の焦点となりそうです。逮捕された男子生徒は警察の調べに対し「誰でも良かった」と供述しているということです。

また、殺人未遂事件が起きた県立修明高校では2月24日を臨時休校として授業を中止し、全校集会を開いた上で登校していた1年と2年の全校生徒を下校させる対応を取っており、翌25日にも保護者会を開いて説明する予定だという。

県立修明高校の殺人未遂事件で高校生2年の男子生徒を殺人未遂容疑で逮捕…Twitterの声

修明高校の殺人未遂事件で高校生2年の男子生徒を殺人未遂容疑で逮捕、男性職員・司書を金づちで殴り包丁で切りつけた疑い

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)