新幹線のぞみにシマヘビ侵入、浜松駅に緊急停車 「のぞみが浜松に停まった」と喜ぶ声も

新幹線のぞみにニシキヘビ侵入、浜松駅に緊急停車

26日午前10時過ぎ、静岡県内を走っていた東海道新幹線のぞみ103号(東京発広島行き)の車内で、シマヘビとみられるヘビが座席のひじかけに巻き付いているのを、乗客の女性が見つけ車掌に連絡した。その後、のぞみ103号車は静岡県浜松駅に緊急停車し、警察官がヘビを確保したという。

JR東海の発表では体長約30センチのシマヘビだったということで、捕まえたシマヘビの写真が公開されています。

また、浜松駅に緊急停車した理由についてJR東海は「新幹線の車内にヘビを持ち込むことは、旅客営業規則で禁じられているため」としている。ヘビは現在、浜松中央警察署で「落とし物」として保管・管理されていて、ヘビの持ち主が名乗り出るのを待っているとのことです。

Twitterでは新幹線の車内にヘビが出たという話よりも、浜松駅にのぞみが停車したことを喜ぶ声などが寄せられています。(のぞみは名古屋駅を出発すると、浜松駅を通過し新横浜駅まで停車しないため)

※その後、ニシキヘビではなくシマヘビだとわかり、当サイトでもニシキヘビと表記していた部分を「シマヘビ」に訂正致しました。

新幹線のぞみの車内にシマヘビ 浜松駅に緊急停車…Twitterの反応

新幹線にシマヘビが乗っていたこの事件は、ツイッターでも話題となり、一時トレンド入りしました。JR東海の発表では、緊急停車の理由を「(新幹線)車内にヘビを持ち込むのは禁止されている」とコメントしています。

この話を知った地元の方は、快速新幹線「のぞみ」が浜松駅に停車したことを喜ぶ声が投稿されたほか、「ニシキヘビじゃなくてシマヘビじゃないか?」といった声も寄せられています。

新幹線のぞみにニシキヘビ侵入、浜松駅に緊急停車

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)