福島県立修明高校で切りつけ事件発生 男子生徒が40代の男性教師を切りつけた疑い、2人を病院に搬送

福島県立修明高校で切りつけ事件発生 男子生徒が40代の男性教師を切りつけた疑い、2人を病院に搬送

福島県棚倉町棚倉東中居の「福島県立修明高校」で高校2年生の男子生徒が40代の男性教師の頭を包丁とみられる刃物で切りつける傷害事件(殺人未遂事件)があり、2人は白河市内の病院に搬送されました。切られた男性教諭は命に別状はないということです。現在までに事件を起こした男子生徒の名前などは公表されていません。

県立修明高校で午前9時頃に発生した切りつけ事件を受け、高校は2月24日の授業を中止臨時休校とすることを決定。登校していた1年と2年の生徒に関しては全校集会を開いた後、下校させる対応を取ったと福島県教育委員会が発表しました。

その後の調べで、この事件の被害者は高校図書室の司書をしている40代の男性職員と判明し、事件を起こした2年生の男子生徒に金づちで殴られたり包丁で切りつけられたとみられています。男子生徒は24日午前8時50分頃に遅刻して登校してきており、男性職員のいた校舎2階に上がってきてそのまま切りつけたという。

高校職員からの通報を受けて駆け付けた警察官が事件当時の状況や病院へ搬送された男子生徒から事件の経緯など詳しい話を聞くなど、事件に関して捜査が進んでいます。

この福島県立修明高校で発生した切りつけ事件に関して、続報や詳細情報があれば追って更新していく予定です。

修明高校の殺人未遂事件で高校生2年の男子生徒を殺人未遂容疑で逮捕、男性職員・司書を金づちで殴り包丁で切りつけた疑い

2017.02.25

福島県立修明高校で男子生徒が40代の男性教師を刃物で切りつける事件発生

この切りつけ事件(傷害事件)は2月24日午前9時頃、福島県棚倉町棚倉東中居63の福島県立修明高校で発生した事件で、高校職員から「40代の男性教諭が切りつけられ頭をけがしている」と通報があり事件が発覚したもの。男子生徒(少年)は修明高校の校舎内で包丁とみられる刃物で男性職員の頭を切りつけ上、金づちで殴るなどした疑いがもたれています。

この事件で頭を切られた図書室の司書をしている40代の男性職員が白河市内の病院に搬送されましたが、搬送時には意識があり命に別状はないとのこと。また、包丁で切りつけた男子生徒は事件後に逃走しましたが、1階昇降口まで男性職員に追いかけられ身柄を確保された際、頭を切るなどのけがを負い病院に搬送されたということです。

事件直後、県立修明高校では2月24日を臨時休校として授業を中止し生徒を下校させる対応を取っており、警察が事件当時の状況や事件のいきさつについて捜査が進んでいます。

警察は切りつけた高校2年生の男子生徒から詳しい事情を聴いていますが、事件を起こした日は登校時間を過ぎた午前8時50分頃に遅刻し登校してきており、間もなくして事件を起こしたとみられている。現在までにこの男子生徒の名前などは公表されていません。

福島県立修明高校で起きた切りつけ事件に関して、続報などがあれば追って更新していきます。

切りつけ事件が発生した福島県立修明高校:福島県東白川郡棚倉町棚倉東中居63
(切りつけ事件が発生した福島県立修明高校:福島県東白川郡棚倉町棚倉東中居63)

福島県立修明高校で切りつけ事件発生 男子生徒が40代の男性教師を切りつけた疑い…Twitterの声

福島県立修明高校で切りつけ事件発生 男子生徒が40代の男性教師を切りつけた疑い、2人を病院に搬送