岐阜県大垣市で木造住宅が突然倒壊…原因は老朽化による自然倒壊の可能性、鈴木隆正さんと連絡取れず捜索続く

岐阜県大垣市で木造住宅が突然倒壊

26日午前11時過ぎ、岐阜県大垣市代官町にある古い木造住宅が、突然倒壊したと警察に通報がありました。

倒壊した原因については調査中ですが、老朽化による自然倒壊の可能性が高いという。倒壊した木造住宅は大正時代に建てられたという築70年が経つ3軒続きの長屋の借家で、このうち1軒の住民とみられる61歳の鈴木隆正さんと午後4時現在、連絡が取れていない。

警察と消防は、男性が部屋の中にいた可能性もあるとみて、大人数で現場を掘り返すなどして捜索を行っています。

その後の捜索などで、この部屋に住む男性は倒壊当時、外出していて無事だったことが明らかになりました。

近所に住む人の話では、ミシミシという音がして外に出ていたら(住宅が)倒壊していた、と話していました。

Twitterに寄せられた情報によると、26日午後になってから多くの報道ヘリが大垣市上空を飛んでいたようです。

住宅が倒壊した大垣市代官町の現場と周辺地図

現場となった代官町一帯は古い家が密集する住宅地で、JR大垣駅から南東に約700メートルに位置する場所です。

住宅が倒壊した場所の映像

大垣市代官町で古い借家が自然倒壊…Twitterの反応

大垣市代官町の一角で、3軒並んだ建物が自然倒壊しました。この騒動はツイッターでも話題にあがり、地元の人の情報でも古い建物が多くある地域だったようです。

倒壊した建物に住んでいた鈴木隆正さんと連絡が取れておらず、警察と消防が捜索を続けています。

岐阜県大垣市で木造住宅が突然倒壊

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)