中島順聖こと北爪順子がお祓い・悪魔払いで女児に暴行し死なせた疑い 傷害致死容疑で逮捕、群馬県前橋市駒形町で虐待事件

中島順聖こと北爪順子がお祓い・悪魔払いで女児に暴行し死なせた疑い 傷害致死容疑で逮捕、群馬県前橋市駒形町で虐待事件

6年前に群馬県前橋市駒形町で悪魔払いと称したお祓いで当時1歳だった城田麻雛弥(しろたますみ)ちゃんに暴行・虐待を加え殺害した疑いで、中島順聖(なかじませいしょう)こと北爪順子(きたづめじゅんこ)容疑者が傷害致死容疑で逮捕される事件がありました。母親が中島順聖・北爪順子容疑者を庇っており、逮捕に6年が掛かったとみられています。

この暴行・虐待事件で逮捕されたのは群馬県前橋市駒形町に住む自称コンサルタント業・北爪順子容疑者(63)です。同容疑者は中島順聖と名乗り、前橋市の自宅を訪れた人に「悪魔払い」と称したお祓いをしてお金を受け取っていたとみられている。

死亡した1歳の女の子・城田麻雛弥ちゃんも母親と父親に連れられ頻繁に中島順聖・北爪順子容疑者の元を訪れお祓いを受けていたという。逮捕された中島順聖・北爪順子容疑者は死亡した女の子を約6年前の5月2日午後5時頃に暴行を加えた疑いがもたれており、2日後に全身痙攣(けいれん)を起こして市内の病院に運ばれたが、6日未明に死亡しました。

女の子の死因は急性硬膜下血腫と診断された上、全身にアザがあったことから虐待死の疑いがありましたが、母親が医師や警察に対して「玄関のふちに頭をぶつけた」と説明していたことから、犯人逮捕まで6年間掛かったとみられている。尚、母親は中島順聖・北爪順子容疑者に洗脳され、マインドコントロール状態にあったとみられています。

中島順聖こと北爪順子容疑者がお祓い(悪魔払い)と称し城田麻雛弥ちゃんに暴行・虐待し殺害した傷害致死容疑で逮捕

この虐待・暴行事件は約6年前の2011年5月に当時1歳の女の子・城田麻雛弥(しろたますみ)ちゃんの頭部に暴行を加えて殺害した疑いで、死亡した女の子の母親の知人で群馬県前橋市駒形町在住の自称コンサルタント業・中島順聖(なかじませいしょう)こと北爪順子(きたづめじゅんこ)容疑者(63)が傷害致死容疑で逮捕された事件です。

北爪順子容疑者は中島順聖と名乗り、自宅で「悪魔払い」と称しお祓い行為をしており、自宅に集まってきていた人らは北爪順子容疑者のことを「先生」といい慕っており、暴行を受けて死亡した城田麻雛弥ちゃんの43歳の母親も熱心に通っていたという。

連行される北爪順子容疑者の姿
(連行される北爪順子容疑者の姿)

逮捕容疑は2011年5月2日午後5時頃、前橋市西片貝町3丁目在住で当時1歳4ヶ月だった城田麻雛弥ちゃんを自宅で暴行し、4日後の6日未明に搬送先の病院で死亡させた疑いがもたれています。司法解剖の結果、死因は急性硬膜下血腫だったことに加え、頭や背中には複数の痣(アザ)があったことから虐待死が疑われましたが、母親が「玄関のふちに頭をぶつけた」と説明しており、北爪順子容疑者を庇ったとみられている。

死亡した城田麻雛弥ちゃんは生後間もない頃から両親に連れられ、北爪順子容疑者の元を連日に渡って訪れていたという。北爪順子容疑者は中島順聖と名乗り、体を触って「お祓い」をしており、城田麻雛ちゃんも日常的に暴行・虐待を受けていた可能性が高いとみられています。

1歳の女の子の死亡から約6年が経ってから逮捕された経緯には事件当初、女の子の母親から「虐待」の証言が得られなかったといい、「先生」と慕っていた北爪順子容疑者を庇うために医師や警察に対し「転んで頭を打った」などと説明していたためだという。警察関係者は死亡した城田麻雛弥ちゃんの母親が「マインドコントロール(洗脳)されていた」と話しています。

北爪順子容疑者がお祓いをしていた群馬県前橋市駒形町のアパート
(北爪順子容疑者がお祓いをしていた群馬県前橋市駒形町のアパート)

中島順聖こと北爪順子がお祓い・悪魔払いで女児に暴行し死なせた疑いで逮捕…Twitterの声

中島順聖こと北爪順子がお祓い・悪魔払いで女児に暴行し死なせた疑い 傷害致死容疑で逮捕、群馬県前橋市駒形町で虐待事件

Twitterフォローお願いします

ニュースメディア「MoreNews」のTwitterアカウントをフォローして頂ける方を募集中です
注目の時事ニュースの更新情報をSNS上で配信していますので、アカウントをお持ちの方は是非フォローして下さい! (現在のフォロワー数は約2300人)