熊本電鉄 菊池電車のくまモン電車が藤崎宮前駅付近で脱線事故、藤崎宮前駅と黒髪町駅間で終日運転見合わせ

熊本電鉄 菊池電車のくまモン電車が藤崎宮前駅付近で脱線事故、藤崎宮前駅と黒髪町駅間で終日運転見合わせ

熊本電鉄(菊池電車)の藤崎宮前駅発・発御代志行きの通称・くまモン電車(6000形くまモン電車)が駅を出発した直後に脱線する事故が2月22日夜にあり、藤崎宮前駅と御代志駅間の運転を終日見合わせる事態となりました。電車に乗っていた約50人の乗客のけがはありませんでしたが、脱線原因は不明ということです。

くまモン電車は藤崎宮前駅を発車して間もなく脱線したとみられており、先頭車両の前輪が完全に外れてしまっていることから、復旧(運転再開)には時間が掛かる見通しで、翌23日の運行予定・運休情報は熊本電鉄から発表されていません。

また、脱線原因も明らかにされておらず、現在のところ「不明」とされているが、ツイッターなどのネット上では前輪が完全に外れてしまっただけに熊本電鉄(菊池電車)に愛着がある人からは心配する声が相次いで寄せられています。

熊本電鉄(菊池電車)のくまモン電車が藤崎宮前駅付近で脱線事故、駅を出て間もなく脱線か

この脱線事故は2月22日午後9時半頃、熊本電鉄(菊池電車)「くまモン電車」(6000形くまモン電車)が熊本市中央区坪井二丁目の藤崎宮前駅発・発御代志行きの2両編成の電車が何らかの原因で脱線したもので、該当列車に乗っていた約50人の乗客にけがはありませんでした。

熊本電鉄の発表によると藤崎宮前駅を出発した直後に先頭車両が脱線し停車したということですが、自動車などとの接触はなかったということで、脱線理由について詳しく調べています。

このくまモン電車が脱線した影響で、午後9時半過ぎから中央区坪井二丁目「藤崎宮前駅」から中央区坪井六丁目「御代志駅」の間で運転を見合わせており、22日は終日運転を見合わせる旨の発表がされています。復旧・運転再開には時間が掛かる見通しということで、翌・2月23日の運行予定・運休などについては発表されていません。

また、ツイッターには線路上で脱線したまま停まっているくまモン電車を撮影した写真が投稿されており、先頭車両の前輪が右にずれ完全に線路から外れている様子が確認出来ます。

熊本電鉄 菊池電車のくまモン電車が藤崎宮前駅付近で脱線する事故が発生…Twitterの声

熊本電鉄 菊池電車のくまモン電車が藤崎宮前駅付近で脱線事故、藤崎宮前駅と黒髪町駅間で終日運転見合わせ