千葉市中央区のアパートで火事・火災が発生し近隣住宅に延焼し燃え続ける、住人で性別不明の遺体が見つかり1人死亡

千葉市中央区のアパートで火事・火災が発生し近隣住宅に延焼し燃え続ける、住人で性別不明の遺体が見つかり1人死亡

千葉市中央区松波4丁目の木造アパートから出火した火事・火災が2月21日夕方にあり、隣接する住宅2棟に延焼し激しく燃え続けました。一時、消防車16台が出動し消火活動に当たりましたが、火災現場一帯に強風が吹いており、消火活動は難航しました。この火事でアパート住人の1人が死亡し、1人がけがを負って病院に搬送されました。

中央区松波4丁目の木造アパートを火元とする住宅火災で年齢・性別不明の1人の遺体が見つかったほか、50代の男性がけがを負うなどの被害が出ています。警察が見つかった性別不明の遺体の身元確認を急ぐと共に、隣接する住宅に延焼しているため、逃げ遅れた人やけが人がいないか消防が確認を進めています。

火事が起きた21日は火災現場一帯で強い風が吹いており、飛び火に警戒しながらの消火活動となりましたが、約3時間以上に渡って燃え続けたとみられています。

千葉市中央区松波のアパートから出火した住宅火災発生、隣接する住宅2棟にも延焼し激しく燃える

この火事は2月21日午後4時過ぎ、千葉市中央区松波4丁目の木造アパートから出火した住宅火災で、通行人の男性が「アパートの2階から火が出ている」と消防に通報が寄せられたものです。最大で消防車16台が出動し消火活動に当たりましたが、隣接する住宅2棟に延焼し激しく燃えました。

その後、約2時間半後の午後6時半頃にも消火活動が続けられましたが、現場一帯に強い風が吹いていたことから消火活動は難航し、飛び火に警戒しながらの作業が続いているということです。

火元のアパートからは住人とみられる年齢・性別不明の1人の遺体が見つかったほか、同じアパートに住む50代の男性1人がケガを負って病院に搬送されるなどの被害が出ています。

アパートから出火し住宅など3棟に延焼した火事の火災現場は千葉市中央区松波4丁目の一帯で、総武本線沿いのJR西千葉駅からJR千葉駅の間の東側に位置する住宅街の一角。周辺には中学校・高校・大学といった学校が密集している場所とみられています。

また、ツイッターには火事で燃えるアパートや上空に立ち上る白煙を撮影した写真が投稿されており、強風に煽られて煙が流れている様子が確認出来ます。

千葉市中央区のアパートで火事・火災が発生し近隣住宅に延焼し燃え続ける…Twitterの声

[ad-4]
千葉市中央区のアパートで火事・火災が発生し近隣住宅に延焼し燃え続ける、住人で性別不明の遺体が見つかり1人死亡