楽天社員の畑中邦夫を覚醒剤密輸の疑いで逮捕 密売人の疑い、台湾渡航は140回以上で尿からは覚醒剤反応

楽天社員の畑中邦夫を覚醒剤密輸の疑いで逮捕 密売人の疑い、台湾渡航は140回以上で尿からは覚醒剤反応

通販大手の楽天社員で楽天トラベル事業で働く畑中邦夫(はたなかくにお)容疑者が約4000回分の使用量にあたる覚醒剤(覚せい剤)約120グラムを台湾から密輸しようとした疑いで逮捕されました。警視庁は畑中邦夫容疑者が覚醒剤を密輸して売りさばく密売人だった可能性が高いとみて捜査を続けています。

台湾の空港から日本の羽田空港に覚醒剤約120グラムを隠して持ち込もうとして、手荷物検査で見つかりました。その後、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)と関税法違反の疑いで逮捕された畑中邦夫容疑者は自身の尿からも覚醒剤の陽性反応が出ており、警察は覚醒剤使用の疑いでも調べています。

また、同容疑者は2008年から143回に渡って台湾を出入りしており、覚醒剤を密輸して売りさばく売人の可能性が高いとみて、詳しく調べているという。昨年5月に覚醒剤所持容疑で逮捕された36歳の男が畑中邦夫容疑者から覚醒剤を買ったと供述していたことから、調べを進めていたということです。

楽天社員の畑中邦夫容疑者を覚醒剤密輸の疑いで逮捕、覚醒剤使用と密売の疑いも…楽天トラベル事業で勤務

この覚醒剤事件(覚せい剤事件)は、東京都多摩市馬引沢在住の楽天社員・畑中邦夫(はたなかくにお)容疑者が2月20日にポリ袋入りの覚せい剤約119グラムを隠し持ち台湾から密輸しようとし、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)と関税法違反の疑いで逮捕された事件です。畑中邦夫容疑者は「いつ覚醒剤を入れられたのか分からない」などと話し、容疑を否認しているという。

逮捕された楽天社員の畑中邦夫容疑者は19日にジーンズの裾を折った部分に0.77グラムを隠し、リュックサックの中に覚醒剤の結晶9袋・約119グラム(末端価格840万円・約4000回分の使用量)を隠しており、台湾桃園国際空港から搭乗し翌20日に日本の羽田空港に到着し手荷物検査で発覚。日本国内に覚醒剤を密輸しようとした疑いがもたれています。

昨年・2016年5月に覚せい剤取締法違反(所持)罪で有罪判決を受けた36歳の男が畑中邦夫容疑者から覚醒剤を購入したと供述しており、警察が捜査を進めていた。尿からは覚醒剤の陽性反応が出ており、使用容疑でも捜査を進める方針だという。

自宅の家宅捜索ではガラスパイプ20個や透明な小分け袋100枚以上が見つかっており、警視庁組織犯罪対策5課は畑中邦夫容疑者が覚醒剤の密売人だった可能性が高いとみて捜査を進める。

また、同容疑者は2008年から週末を利用して台湾に143回出入りしていたことが明らかになっており、頻繁に覚醒剤の密輸を行っていた可能性が高いという。

畑中邦夫容疑者の勤務先の楽天は「現在、事実確認を確認中です」とした上で、「捜査の結果を踏まえ、厳正に対処します」というコメントを発表しています。

逮捕された楽天社員・畑中邦夫容疑者の顔写真
(逮捕された楽天社員・畑中邦夫容疑者の顔社員)

楽天社員の畑中邦夫を覚醒剤密輸の疑いで逮捕、密売人の疑惑も…Twitterの声

楽天社員の畑中邦夫を覚醒剤密輸の疑いで逮捕 密売人の疑い、台湾渡航は140回以上で尿からは覚醒剤反応