大阪市淀川区のスーパー「ライフ新大阪店」で放火事件、火事・火災で3階で布団と天井の一部が焼ける不審火

大阪市淀川区のスーパー「ライフ新大阪店」で放火事件、火事・火災で3階で布団と天井の一部が焼ける不審火

大阪市淀川区西三国1丁目のスーパー「ライフ新大阪店」の3階で2月17日、布団8セット・約10枚と天井が燃える不審火の火事・火災があり、警察が放火事件とみて捜査を進めています。布団などが燃えたこの不審火でライフ新大阪店は間もなく営業を終了し、スプリンクラーの水が1階まで垂れたことから、翌18日以降の営業予定は未定だということです。

不審火で燃えた布団はスーパー3階のインテリアコーナーの奥に位置し、火の気のない場所から出火したことから、警察が放火事件として捜査すると共に、店内に設置された防犯カメラ映像を解析するなどして詳しく調べる方針だということです。

現在のところ、ライフ新大阪店の店内で起きた火事・火災で放火した犯人の特徴などは明らかになっていません。

大阪市淀川区「ライフセントラルスクエア西宮原店」で連続放火事件、不審火からの火事・火災で100人以上が店外に避難

2017.02.21

大阪市淀川区西三国のスーパー「ライフ新大阪店」店内で放火事件発生、布団10枚と天井の一部が焼ける不審火

この放火事件は2圧17日午後7時過ぎ、大阪市淀川区西三国1丁目7−4のスーパー「ライフ新大阪店」の3階インテリア売り場の布団が燃えているのを女性従業員が見つけ、警備員らが消火活動を行い間もなく消火された事件です。この不審火で布団8セットと天井5平方メートルが焼ける被害が出ましたが、ケガ人はいませんでした。

出火したのはライフ新大阪店・3階のインテリアコーナー内で、焼けた布団は商品棚に積まれており、周辺に火の気はなかったという。出火から間もなくして火災報知器が作動し3階フロアに煙が充満したという。駆け付けた従業員と警備員らが消火器で消火活動を行い、周辺の商品への延焼はある程度防げたというが、火はなかなか消えなかったという。

この火事でライフ新大阪店は約10分後に営業を終了し、店内にいた買い物客約80人を店外に避難させた。18日以降の営業予定は明らかになっていないが、出火した3階から1階までスプリンクラーの水が漏れており、営業再開には数日を要する可能性もあるという。

警察が出火原因を調べると共に、火の気のないところが燃えたことからも、不審火・放火事件の可能性が高いとみて、店内に設置された防犯カメラ映像を解析するなどして詳しく調べているということです。

また、ツイッターには放火されたとみられるライフ新大阪店に出動した消防車や店外の様子を撮影した写真が投稿されています。

大阪市淀川区のスーパー「ライフ新大阪店」で放火事件、3階で布団と天井の一部が焼ける不審火…Twitterの声

[ad-4]
大阪市淀川区のスーパー「ライフ新大阪店」で放火事件、火事・火災で3階で布団と天井の一部が焼ける不審火