調布市国領町の都営アパートで殺人事件、顔を刺され殺された可能性がある高齢男性を遺体で発見 事件に巻き込まれたとみて捜査

調布市国領町の都営アパートで殺人事件、顔を刺され殺された可能性がある高齢男性を遺体で発見 事件に巻き込まれたとみて捜査

東京都調布市国領町3丁目の都営アパート「都営調布くすのきアパート3号棟」の一室で殺人事件があり、2月16日に顔を刃物で刺され血を流して倒れている高齢男性の遺体を部屋を訪れたヘルパーが発見しました。死亡していた男性はこの部屋に住む80代の男性とみられており、都営アパート1階の一室で死亡が確認されました。

この殺人事件は2月16日午後に高齢男性が顔から血を流して死亡しているのが見つかったものですが、現在のところ遺体で見つかった男性の名前や身元・死因やいつ頃殺害されたのかは公表されておらず、警察は遺体の状況などからこの男性が何らかの事件に巻き込まれ殺害された可能性が高いとみて、都営アパートの部屋を調べています。

殺害された可能性が高い男性の顔には刺し傷があったほか、両手に抵抗する際に付いたとみられる傷が残っていたほか、遺体の近くに血の付いたハサミが落ちていたことから、男性はハサミで顔を刺されて殺害された可能性もある。

警察のその後の調べで、遺体で見つかった男性の身元はこの部屋に1人で住む山本一夫(やまもとかずお)さん(89)と判明し、この男性の顔の右側には数カ所の刺し傷があり、落ちていたハサミで顔を刺されたとみられています。遺体発見当時、頭から布団を掛けられていたという。

現在までに自殺の可能性は低く、殺人事件として捜査が進展するとみられています。

この調布市国領町で殺された可能性がある男性遺体が見つかった殺人事件に関して、続報や詳細情報があれば追って更新していく予定です。

調布市国領町の強盗殺人事件で孫の山本裕也容疑者を逮捕、都営アパートで山本一夫さんを殺害し現金奪った疑い

2017.02.27

東京都調布市国領町の都営アパート・都営調布くすのきアパート3号棟で殺人事件、顔に傷がある高齢男性の遺体発見

この殺人事件の可能性が高い事件は2月16日正午過ぎに東京都調布市国領町3丁目に建つ10階建ての都営アパート「都営調布くすのきアパート3号棟」で顔に刃物で刺されたような傷がある80代から90代とみられる高齢男性が死亡しているのが見つかった事件で、男性が住む都営アパート1階の一室を訪れたヘルパーが男性の遺体を発見し警察に通報し事件が発覚しました。

遺体で見つかった男性の身元はこの部屋に1人で住む山本一夫(やまもとかずお)さん(89)と判明。顔の右半分に凶器とみられるハサミで刺されたような傷が残っていたということです。

現場に駆け付けた警察官が住人とみられる男性がベッドの上で顔から血を流し仰向けに倒れているのを発見。男性はその場で死亡が確認されたという。警察はこの男性が何らかのトラブルに巻き込まれ殺害された殺人事件の可能性が高いとみて、部屋の中や都営アパートの廊下などで実況見分を行っています。

顔を刺され殺されたとみられる高齢男性の遺体が見つかった場所は、国領町3丁目6−23のドラッグストア「ウェルパーク調布国領店」の目の前に建つ10階建ての都営アパート「都営調布くすのきアパート3号棟」(東京都調布市国領町3丁目8)の一室とみられており、事件現場は京王線・国領駅から南東に約200メートル離れた都営アパートや住宅が建ち並ぶ住宅街の一角です。

現在のところ、この殺人事件で殺害された高齢男性の名前や死因など詳しいことは分かっておらず、続報があれば追って更新していきます。

高齢男性の遺体が見つかった都営アパート・都営調布くすのきアパート3号棟:国領町3丁目8
(高齢男性の遺体が見つかった都営アパート・都営調布くすのきアパート3号棟:国領町3丁目8)

調布市国領町の都営アパートで殺人事件発生、高齢男性が顔から血を流し遺体で見つかる…Twitterの声

[ad-4]
調布市国領町の都営アパートで殺人事件、顔を刺され殺された可能性がある高齢男性を遺体で発見 事件に巻き込まれたとみて捜査